韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  深刻な状況を「深刻」と言わない韓国政府

深刻な状況を「深刻」と言わない韓国政府

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は21日、武漢コロナウイルス感染症への対応について「感染病危機警報は警戒段階を維持しているが、実質的には深刻段階に準じて対応している」と発言した。深刻段階は危機警報の中では最もレベルが高い。文大統領はこの日、ソウル青年創業士官学校で開催された内需・消費業界関係者らとの懇談会で「国民と政府が共に力を合わせ、防疫と経済の2匹のうさぎをどちらも捕まえなければならない」とした上で、上記のように述べた。

文大統領はこの日、丁世均(チョン・セギュン)首相から武漢コロナ関連の緊急懸案報告を受けた際、新天地大邱教会について「礼拝と葬儀の出席者について徹底した調査が必要だ」との考えを示した。新天地大邱教会の信徒のなかで初めて感染が確認され、韓国で31番目の感染確定者が出席していた今月9日と16日の礼拝、そして先月31日から今月2日まで、慶尚北道清道のテナム病院で開催された教主のイ・マンヒ総会長の兄の葬儀出席者に対する調査にも言及した。

丁首相はこの日、政府中央事故収拾本部拡大会議を主催し「感染者が急増している大邱・清道地域を『感染病特別管理区域』に指定し、特段の措置を取る」との考えを示した。これに伴い、新天地大邱教会の信徒9000人あまりのリストを確保して全数調査を行い、感染が疑われる症状が出ている人については感染検査と自宅隔離の対象として通知することにした。

スポンサードリンク
しかしこの日、大統領と首相のいずれも防疫専門化が求めている中国に対する入国制限措置、危機警報を『深刻』段階に引き上げる問題については指示と言及がなかった。丁首相が大邱・清道を「感染病特別管理地域」に指定したことについては「特別な法的根拠なしに下された措置」との指摘が出ている。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/02/22/2020022280004.html

2020-02-22-k007.jpg

米疾病予防管理センター(CDC)が韓国を「明白な新型コロナウイルス(COVID-19)地域社会感染国」に指定したた。CDCは旅行情報に韓国をはじめ、日本・台湾・シンガポール・タイ・ベトナムなどを「明白な地域社会感染が発生した目的地)」に指定した。CDCは新型コロナウイルスの感染の程度に応じて自国民への旅行警告を出している。

旅行警告は3つのレベルに分けられる。レベル1は注意(Watch)、レベル2は警戒(Alert)、レベル3は警告(Warning)。レベル1では通常の予防措置が求められ、レベル2は予防措置が強化される。レベル3では不要な旅行は避けることを勧告する。

中央日報は、中国はレベル3「警告(Warning)」に指定されている。「中国への不要な旅行は避ける」ということだ。韓国は「地域社会感染国」に含まれたが旅行警告レベル1~3には含まれなかったと掲載している。日に日に感染増加する韓国である。すぐレベルは上がるだろう。いずれにしても日本政府は、韓国人の往来に注意する事である。
[ 2020年02月22日 15:26 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp