韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  日本のクルーズ船防疫、最初から最後まで失敗

日本のクルーズ船防疫、最初から最後まで失敗

乗客下船時にウイルス検査漏れ、陰性判定出したが下船後に感染していることを確認…。新型コロナウイルス感染者が多数出ているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」の乗客を日本政府が下船させる際、こうした問題があったことが分かった。初期対応に失敗して感染者が急増し、最後の過程でもとんでもないミスをしたということだ。このため、日本の国内外から日本政府の対応に非難の声が高まっている。

加藤勝信厚生労働相は22日、ダイヤモンド・プリンセス号に乗っていて下船した乗客のうち、23人に対するウイルス検査が行われていなかったことを明らかにした。日本政府は新型コロナウイルス感染症発生が確認された同号を2週間「海上隔離」したが、ウイルス検査で陰性だった乗客970人を19日から下船させた。ところが、このうち日本人19人、外国人4人に対しては検査そのものが行われていないことが確認されたのだ。

日本政府は、韓国・米国・オーストラリアをはじめとするほかの国々とは違い、同号で陰性と判定された乗客たちに対し、追加の隔離期間を設けないまま帰宅させた。これにより、帰宅した乗客たちの中に新型コロナウイルス感染者がいる場合は、地域の拡散が懸念されるという批判が出ている。日本政府は遅ればせながらこれら乗客の検査に着手した。加藤厚労相は「(今回のミスを)深く反省したい。同じことが起こらないよう徹底的にしたい」と謝罪した。

スポンサードリンク
日本政府の検査で陰性と判定されて帰国した外国籍の750人の中からも相次いで陽性反応が出ている。23日現在、各国政府が派遣したチャーター機などで帰国したこれら乗客のうち、新型コロナウイルスに感染したと確認されたのは米国人18人、オーストラリア人7人、イスラエル人1人の計26人だ。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/02/24/2020022480003.html

2020-02-22-k006.jpg

朝鮮日報は日本記事を掲載している状態ではない。自国の対応を掲載するべきだろう。日本より最悪状態と化しつつある。2015年5月より韓国国内においてMERS(中東呼吸器症候群)を引き起こすMERSコロナウイルスの感染が広がったが、京畿道平沢市の平沢聖母病院でエアコンを通じ院内感染が発生した。感染拡大を助長した要因として、韓国の病院では看護師ではなく医学的知識がない家族や友人などが看病することや、治療を受けても治らないときに次々と受診先を変える(医療ショッピング)患者が多いことなどが指摘されている。

今回の感染拡大は急激で、MERSを超える可能性があるだけでなく、低迷する韓国経済と冷え込んだ消費に海外旅行客減少で自国経済の大きな下押しとなり、外資系企業はより低迷となり、世界経済減速と自国経済の低迷が重なり、ウォンと言う通貨の弱い韓国であるから、海外投資家のウォン売りによっては、一気にウォンが下落し、韓国通貨危機となる可能性もある。
[ 2020年02月24日 09:12 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp