韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  新型肺炎の院内感染リスクに一般病棟は恐々 「『裸で戦え』と同じだ」

新型肺炎の院内感染リスクに一般病棟は恐々 「『裸で戦え』と同じだ」

感染拡大を続ける新型コロナウイルスの対策の柱が「水際阻止」から「重症化予防」へと移りつつある。厚生労働省は重症化リスクを抱える高齢者や持病のある人を優先して治療する医療態勢の整備に着手したが、現場の医療機関には院内感染の危険性もはらんでいる。重症者の増加を見据え、対応を迫られる一般病院からは患者受け入れに不安の声も上がる。

「受診される方が、(新型ウイルスの)感染症だと分からないで来ることもあり得る。準備ができていないと、院内感染を起こしてしまう恐れが強い」。日本医師会常任理事の釜萢(かまやち)敏氏は18日に開かれた厚労省の専門家会合で、現状への危機感をにじませた。 前日には、厚労省が発熱などの症状が出た場合の「相談・受診の目安」を公表。一般的には「37・5度以上の熱が4日以上続く」などとした一方、重症化しやすい高齢者や持病のある人は「2日程度」とし、専門外来などで優先して診療に当たる方針を示した。

ただ、新型ウイルスの初期症状は風邪やインフルエンザと似ているため、感染の自覚がない患者が一般外来にやってくる可能性がある。そうなれば、待合室で感染が蔓延(まんえん)したり、医療関係者が知らぬ間に患者と接触したりする恐れもある。

スポンサードリンク
国内では、すでに院内感染が疑われる事例が相次いでいる。「済生会有田病院」(和歌山県湯浅町)で、男性外科医の感染が確認されて以降、医師やその家族、入院患者らに感染が拡大。新型ウイルスに感染して死亡した80代女性が入院していた「相模原中央病院」(相模原市)でも担当の女性看護師が感染。その後、入院患者らにも広がった。
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/200225/dom2002250001-n1.html

2020-02-05-k002.jpg

日本は高齢者も多く、町医者も多い。65歳上の元気な方は、海外・国内を含めた移動は若い人ほど多くは無いとはいえ、出かける機会は多々ある。また特に町医者に通う人も多く、感染拡大は町医者からという事もありうる。記事にある様に有田病院関連では、感染者が10人以上に膨らんでいるが、この地域へのウイルス流入の経緯は依然として判明していない。

こうした感染経路の分からない患者の増加は、国内流行の“引き金”となりかねないとしている。厚労省はさらなる感染拡大を想定し、一般病院でも患者の受け入れは可能としているが、態勢は万全とはいえない状況にあると伝えている。

結局は自己防衛を高めるしかないが、自分は大丈夫と言う過信が感染拡大につながるわけで、日本政府の対応もさることながら自己防衛はさらに重要となる。また多くの中小企業においても注意が必要だ。仕事優先と言う考えが感染拡大につながる可能性もある。社員に徹底したマスク着用や手洗い或いは消毒等を実施してほしい。

関連記事

[ 2020年02月25日 10:11 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp