韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国国民はマスクが買えないのに!中国へ大量輸出の事実に韓国ネット激怒

韓国国民はマスクが買えないのに!中国へ大量輸出の事実に韓国ネット激怒

2020年2月25日、韓国・毎日経済は、新型コロナウイルスの感染拡大で、韓国内でも品薄状態が続き、購入が困難になっているマスクが、大量に中国へ輸出されていたことが分かったと伝えた。

韓国関税庁と韓国貿易センターの輸出入統計によると、新型コロナウイルスの感染拡大が本格化する前の昨年12月には60万ドル(約6642万円)規模だった微細粉じん用マスクの対中国の輸出額は、今年1月には6135万ドルで100倍近く急増。今月は、20日までの暫定集計で1億1845万ドルを記録し、対12月比200倍増という。

これに韓国医師協会は「国民みんながマスクを購入できず苦しんでいる『マスク大乱』が起きているが、相当量が毎日、中国に搬出されている。これを防いで国民と医療スタッフにマスクなどの保護具が円滑に供給されなければならない」と訴えているという。

記事は、中国へのマスク輸出について「事実上、輸出関連制限措置はなかった」と指摘。「政府が取った措置は、1000個以上のマスクを搬出する際、正式な輸出手続きを踏むようにしたのみだった」と伝えている。

スポンサードリンク
こうした状況を受けて、丁世均(チョン・セギュン)首相は同日の閣議で、マスクの輸出制限、内需優先、医療関係者と実需要者への直接供給などの内容を盛り込んだ告示を議決したという。 これに、韓国のネットユーザーからは、「あきれた。国民が使うべきマスクを中国に送っていたなんて」「国民の生命を守れない大統領は必要ない」「韓国の大統領が自国民よりも中国のことを先に考えている」「なぜ医師協会の意見をずっと無視していた?」「われわれは中国のために存在するのか?」「マスク1枚すら管理できない政府」などと、中国へのマスクの大量輸出に批判の声が上がっている。
https://www.recordchina.co.jp/b782626-s0-c10-d0149.html

2020-02-26-k001.jpg

日本とて大変な状態である。日本衛生材料工業連合会の統計データでは、2018年度に日本で流通した家庭用・医療用・産業用マスク約55億枚のうち、輸入が約44億枚、国内生産は約11億枚。8割を中国からの輸入となる。中国からの輸入がストップした事で、2月は全く納入されていない現状がある。しかし厚生労働省、経済産業省の国内増産要請で、24時間生産の体制強化により、早ければ17日の週には毎週1億枚以上が供給できる見通しと説明してきた。

ところが、エリエール ハイパーブロックマスクを販売する大王製紙のは、フル生産体制としており、供給に全力を挙げているが、17日以降も店頭にマスクが並んでいる様子は見られない。流通の構造上、直営のドラッグストアよりフランチャイズ店のコンビニの欠品が厳しい。夜に入荷しても朝には売り切れてしまうコンビニが大半を占める。政府が供給できる見通しと宣言した1億枚については、医療や介護の現場を優先的に配分していることから、市場店舗に出回る数が少なく、品薄状態が続いているとしている。
[ 2020年02月26日 08:25 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp