韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  新型肺炎拡大の韓国 日本製「抗インフル薬」輸入検討

新型肺炎拡大の韓国 日本製「抗インフル薬」輸入検討

韓国政府が、日本で新型コロナウイルスによる肺炎の治療に用いられている新型インフルエンザ治療薬「アビガン」の輸入を検討する。

食品医薬品安全処の李儀卿(イ・ウィギョン)処長は25日の定例会見で、「アビガンは韓国国内で許可されていない医薬品」だとし、特例を適用した輸入を検討していると明らかにした。新型コロナウイルスの感染者に投与するかどうかなどについては、医師らでつくる中央臨床委員会と議論を続けていると説明した。

アビガンは富士フイルムのグループ会社、富士フイルム富山化学(東京都中央区)が開発した新型インフルエンザ治療薬。既存の薬が効かない新型インフルエンザが流行すると日本政府が判断した場合に限り使用できる条件で、2014年に承認された。胎児に副作用が出る恐れがあるため、妊婦には使えない。

海外メディアによると、日本で新型コロナウイルス感染者にアビガンを試験的に投与した結果、軽症者の症状悪化を防ぐ上で効果があったという。

スポンサードリンク
李氏は「韓国でも(新型コロナウイルスの治療に)関連した新薬の開発が進められている。現在は主にマラリア治療薬やエイズ治療薬を使っていると承知している」と伝えた。 新型コロナウイルスはまだこれといった治療薬や予防ワクチンがない。韓国国内ではこれまで、一部の感染者にエイズ治療薬「カレトラ」を投与し、効果を得た。 中央防疫対策本部によると、韓国での新型コロナウイルス感染者数は25日午前9時現在、計893人となっている。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/02/25/2020022580218.html

2020-02-26-k005.jpg

加藤勝信厚労相は2月22日、新型コロナウイルス感染症の治療の一環とし、新型インフルエンザ治療薬のアビガン錠(一般名:ファビピラビル)を投与する考えを示した。同剤は、富士フィルム富山化学が製造販売元のRNAポリメラーゼ阻害剤。2医療機関で投与に向けた準備を進め、全国へ広めることも視野に入れるとした。21日に国立国際医療センターを中心とする研究班を立ち上げ、22日から、1医療機関ですでに投与を開始した。またギリアド・サイエンシズがエボラ出血熱の候補薬として開発を進める抗ウイルス薬・レムデシビルについても、2月中にも投与を開始する方針。早ければ、3月中にも医師主導臨床試験をスタートさせるとの事。

新型コロナウイルス感染症の拡大が懸念され、加藤勝信厚労相は21日、パートタイムや派遣、契約など様々な形態で働く人も含め、労働者が安心できるよう、収入に配慮した病気休暇制度の整備を経済団体に要請した。また、感染リスクに配慮し、テレワーク・時差通勤の積極的な活用を呼びかけた。また要請先は、一般社団法人日本経済団体連合会、日本商工会議所、全国商工会連合会、全国中小企業団体中央会となる。

関連記事

[ 2020年02月26日 09:36 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp