韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国全土に感染者が広がった"新天地イエス教"の布教活動

韓国全土に感染者が広がった"新天地イエス教"の布教活動

韓国でも新型コロナウイルスの拡散が大問題となっている。2月23日には、文在寅大統領が「コロナ19(新型コロナ)政府対策会議」を開催し、国家の危機警報を最高段階の「深刻」へ格上げした。「コロナ19の事態が重大な分水嶺を迎えた。『新天地』内の大規模な集団感染が起きる以前と以後とは、全く別の状況になった」

この文大統領の言葉どおり、韓国内のコロナ拡散状況は、新興宗教団体「新天地イエス教証しの幕屋聖殿」(以下「新天地」)の集団感染が発生したことで、政府の統制も利かない事態となった。新天地での集団感染が発覚したのは、次のような経緯からだった。2月18日、韓国疾病本部は韓国の南東部に位置した大都市の大邱(テグ)で31番目の感染者が発生したと発表した。発表によると、感染がわかったAさん(61)は2月6日に交通事故に遭って近くの病院に入院し、10日から発熱。医師は新型コロナの検査を勧めたが、海外渡航歴がなかったAさんはこれを断ったという。

その後、Aさんは入院していた病院を抜け出して、2月9日と16日に新天地大邱教会の礼拝に出席。さらに、15日には大邱市内のホテルで食事をするなど、大邱市内を歩き回った。そして17日、高熱が続いたためコロナ検査を受けて感染が確定し、国指定医療院に入院隔離された。このAさんの動線を確認した疾病本部が、Aさんとの接触者を中心に検査を行うと、19日から確定者が急増し始めた。

スポンサードリンク
韓国の防疫当局は、新天地信徒の調査に力を入れている。新天地大邱教会から9300人あまりの信徒リストを受け取り、600人を超える警察官を動員して彼らの行方を追っている。また、全国の新天地教会に、大邱教会を訪問した信徒の名簿を要請しているが、新天地側は非協力的だ。韓国社会で「異端」とされる新天地の信者は、家族や親しい友人に新天地の信徒であることを徹底的に隠しているため、その把握は困難を極めている。
https://president.jp/articles/-/33224

2020-02-27-k001.jpg

新天地イエス教証しの幕屋聖殿は、韓国のキリスト教の土壌から発生した新宗教団体であり、1984年3月14日に創設された。新天地イエス教証しの幕屋聖殿は、現在全世界に95の教会が設立され、信徒数は20万人を越える。最も韓国で勢いをますキリスト教団であると世界からも注目されている。各地域を‘教区’と同じ概念である‘支派’に分け、支派も十二使徒の名前からとり、全部で12部族という概念で(ヨハネ、ペテロ、釜山ヤコブ、アンデレ、タダイ、ピリポ、シモン、バルトロマイ、マタイ、マッテヤ、ソウルヤコブ、トマス)がある。

新天地教会関係者の間で集団感染が起きた要因として、全国各地を渡り歩いて礼拝を行う習慣があるため、感染源とされている新天地大邱教会を訪問した信者が、その後、各地の新天地教会を訪問して感染を拡大させたこと、密閉された空間で多くの信者が密接する状態で礼拝をすることなどが指摘されている。数年前から日本の九州地方や首都圏でも、教団の活動が活発化している。日本でも要注意となる。

関連記事

[ 2020年02月27日 08:17 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp