韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  中国だけ除いて…=韓国政府

中国だけ除いて…=韓国政府

心の中に聖域と禁忌を持っていれば行動が萎縮するものだ。国の仕事も変わらないようだ。セウォル号惨事、その絶体絶命の瞬間にも参謀があえて大統領官邸のドアを叩くことができないのを見ると。浴びせられる叱責を恐れたのか。彼らは結局「セウォル号7時間」ミステリーの共犯となり、消えない歴史の汚点として残ることになった。

歴史の本に記録されるもう一つの事件を私たちはいま経験している。新型コロナウイルス感染症の事態は政府の無能と防疫失敗が招いた災難だ。「遠からず終息するはず」「世界の模範事例」という自画自賛で貴重な時間を浪費する間、韓国は感染者数が世界で2番目に多いコロナ国家という汚名を得ることになった。韓国人の入国を禁止・制限するところは37カ国にのぼる。コロナ被害国からあっという間に加害国に逆転した。「ライフジャケットを着用してそのまま待機してほしい」というあきれる指示に従って犠牲になったセウォル号の乗客と何が違うのか。

政府の対応は依然として「中国は除いて」だ。大統領は口では「過度と感じられるほど強力な措置」「前例がない強力な対応」を話しながらも、必要な中国封鎖措置は取っていない。封鎖すべきところはそのままにしておいて、大邱(テグ)・慶北(キョンブク)、新天地イエス教会が震源地であるかのように「強力封鎖」「全数調査」を話す。「武漢肺炎」という言葉は使用しないとして、報道資料には堂々と「大邱コロナ」と表現する政府だ。

スポンサードリンク
封鎖しない理由は明確でない。「中国から入った韓国人が事態の原因」(朴凌厚福祉長官)、「中国の影響は大きくない」(朴元淳ソウル市長)と主張するだけだ。「中国の困難が我々の困難」という文大統領の発言にカギがあるようだ。韓中運命共同体論は執権層の内部に根強く定着している歴史認識だ。文大統領は2017年の北京大での演説で「中国の成長が韓国経済に脅威になるという人たちもいるが、我々は考えが違う」とし「両国は一方の繁栄がお互い役に立つ運命共同体」と強調した。韓国を「小国」と低めて「中国の夢と共に進む」とも語った。
https://japanese.joins.com/JArticle/263039

2020-02-25-k002.jpg

どんな状況でも中国には低姿勢となる。結果自国経済は崩壊に進んでも、いまだに中国云々と語る韓国政府。米国には反発しても中国には服従姿勢となる。中央日報は、政治的な修辞にはなっても国益を守るために争わなければならない国家間の関係には決して成り立たない「運命共同体」のような妄想にとらわれている場合ではないと警笛を鳴らす。がしかし聞く耳を持たない韓国政府である。

コロナウイルス感染の経験があっても同じ過ちを繰り返すのが韓国政府となる。彼らには自分だけが良ければと言う体質があるために、大統領自ら自国民のためと語りつつ、自身だけのためにしか動かない。結果その態度対応がひどくなった時期に弾劾となり、大統領がかわる。がしかし変わるだけで何も変わらないのが韓国である。
[ 2020年02月27日 10:06 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp