韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  王外交部長、中国と日本は運命共同体

王外交部長、中国と日本は運命共同体

王毅国務委員兼外交部長は26日、日本の茂木敏充外相と電話会談を行いました。王部長はその際、「新型コロナウイルスによる肺炎を前にして、中日は同舟共済の運命共同体である。感染拡大を防止するため、両国は更なる協調を強化し、国家間の感染を防いで、自国や地域の公衆衛生安全を守らなければならない」と強調しました。

王部長はさらに最初から中国の立場に立った日本の理解や、日本政府をはじめとする社会各界からの多大な支援に感謝を示したうえで、「中国は日本国内の感染状況も懸念しており、日本側に必要な医療防護物資を送った。今後も引き続き、できる限りの支援を行っていきたい」と述べました。また、「両国が関連部門や専門家間の交流を強化して、感染拡大の防止や医療救助、治療薬やワクチンの開発などの分野における協力を進め、公衆衛生に関する多国間協力の構築に向けて取り組んでいくことを望んでいる」との考えを示しました。

これに対して、茂木敏充外相は日本国内の新型肺炎の感染状況について説明をしたうえで、「日本政府は既に対策を制定し、万全な対応で感染拡大の防止に取り組んでいる。日中両国が引き続き情報を共有して、話し合いと協力を強化していくことを望む」と語りました。
https://www.recordchina.co.jp/b784912-s16-c10-d0000.html

スポンサードリンク
現在、日中韓3カ国はいずれも全力で新型コロナウイルスと闘う重要な時期にあり、中国は韓国と日本の国内における感染状況を我が事のように受け止めている。韓国と日本の人々に対し心からお見舞いを申し上げる。中国外交部の趙立堅報道官の言葉だ。腹の中は解らないが、少なくとも日中は協力体制で進んでいる。

問題は韓国の動きとなる。中国から帰国した韓国人が最大の感染源と、韓国大統領府と政府、与党・共に民主党は武漢コロナウイルス感染症への対応で、相次ぐ不適切な発言により自ら非難を招いている。挙句に政府は「うまく対応している」といった自画自賛発をしている状態だ。韓国の今の状態は、集団感染が発生した新興宗教団体「新天地イエス教会」の信者全員(約20万5000人)の行動把握も困難だが、在韓米軍兵士も感染しており、現行よりも急激に加速する可能性が大きい。

なのに韓国政府は、新型コロナウイルスの拡散を防ぐための入国制限を現水準で維持するという従来の立場をかえていない。危険なのは韓国人の動きとなりそうだ。韓国人にウイルスをまき散らされては大変なことになりかねない。世界で韓国人の入国を止めている国は増加中だ。そんな中で、韓国トヨタ自動車がコロナウイルス感染予防のため、「緑の傘子ども財団」を通じ1億ウォン(約900万円)を寄付するとしている。

寄付金はコロナウイルス感染症の拡大に苦しむ児童たちのために緊急支援キット(食品およびマスクなど感染予防用品)購入費用に使用される。ユニクロはマスクを寄付するなど、韓国での広がりを懸念し、出来る限りの対応や寄付を実施しているが、韓国政府は中国にマスクを支援し、自国ではマスク不足と言う残念な結果となっている。政治的な動きが強く、中国に頭が上がらないような動きでは困る。
[ 2020年02月27日 15:52 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(1)
コロナに関して日中は運命共同体?なんでやねん!即刻入国禁止にしろ
[ 2020/02/27 18:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp