韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  きのうの韓国の感染者数、中国より多かった

きのうの韓国の感染者数、中国より多かった

韓国内の新型コロナウイルス感染症の一日新規感染者数(確定例)が27日、初めて中国内の新規感染者数を上回った。疾病管理本部は同日、韓国内の新型コロナウイルス感染者数が前日に比べ505人増えたと発表した。一方、中国国家衛生健康委員会などによると、中国は同日の感染者数が441人の増加にとどまったとのことだ。

韓国内で一日に発生した新規感染者数が中国内の新規感染者数を超えたのは初めてで、韓国はこの日、世界中で最も多くの感染者が発生した国になった。韓国内では大邱市を中心に感染確定判定が急速に増え、中国内の新規感染者数を上回った。同日の地域別新規感染者数は大邱市が422人で全体の83.6%を占め、以下慶尚北道(28人)、京畿道(11人)が続いた。

外信によると、世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム・ゲブレイェソス事務局長は26日(現地時間)、「初めて中国以外の新規感染者数が中国内の新規感染者数を超えた。特に、イタリア、イラン、韓国で急増しており、深く懸念している」と述べた。26日のWHOの統計によると、感染者数は中国が1位を記録し、次いで韓国、イタリア、日本、イランの順になっている。
https://news.livedoor.com/article/detail/17884939/

スポンサードリンク
2020-02-28-k003.jpg

イタリアはすでに400人以上が感染し、12人が死亡している(2月26日現在)。しかもこの数字は暫定的なもので、事態は刻々と変化し、深刻化している。理由も深刻だ。コロナウイルスの感染を確認するためにフランスでは300件の検査しかおこなわれていないのに対し、イタリアでは3000件の検査がおこなわれているとしている。イタリアでの症例が多いのは、イタリアが他国に比べて多くの検査を実施しているからだと自国メディアは断定している。

日本とて例外ではなくなる。他国でも同様な事が発生するわけで、単に検査数だけに依存するならば、今後さらに大きな問題となる。検査方法も問題だが、さらに厄介なのは日本では、完治してもまた感染が確認された事例もある。それだけ今回のコロナウイルスは予断出来ないことを意味する。またフランス政府は、中国からの帰国者全員に検疫を受けさせた。武漢から帰国した200人を『隔離したことからもわかるように、感染リスクのある地域から入国する人々を受け入れるやり方に計画性があったと反論している。

対応策はいろいろある。結果を待てば時間がかかる。予測で動いた国は対応が良かったともいえるわけで、イタリアにせよフランスにせよ、実施すべきことは限られる。往来数を止め、往来した人を特定し、コロナウイルス感染検査を実施する事となる。時間差で大きく結果が変わるのもコロナウイルスの感染力に強さと言える。
[ 2020年02月28日 09:57 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp