韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  国全体がセウォル号だ=韓国

国全体がセウォル号だ=韓国

大韓民国がストップした。裁判所が次々と休廷し、教会のミサが中止になった。卒業式は保護者の出入りが禁止され、全国すべての幼稚園と小中高校の始業式が延期された。このため映画や外食などを楽しむことは考えられず、あらゆる日常生活がまひし、知人訪問や海外旅行など国内外の移動の自由まで制約され、全国民が不安と恐怖の日々を過ごしている。

新型コロナ感染者が徐々に増えているソウルもこのような状況だが、防疫網が事実上崩壊した大邱(テグ)は今どれほど強い恐怖を感じているだろうか。強い伝染力にもかかわらず病床不足のため自宅にいる感染者が数百人を超え、医療関係者は最小限の保護装具も確保できず焦りを感じている。爆撃でも受けたように人の姿が見えない道路、これとは対照的にマスクを購入するため大型マートで長い列を作る人たち…。国を失った難民でもなく税金を収めている国民が、いったいなぜこれほどの苦痛を感じなければいけないのかと怒りを感じる。

韓国は中国ではない。まして中国に朝貢して頭を下げる属国では決してない。なのに、なぜ治療の代わりに口止めで自国国民を犠牲にした中国の前轍を自ら踏もうとしているのか。韓国国内でも不足しているマスクと防護服をなぜ依然として中国に送ろうと焦っているのか。

スポンサードリンク
世界最高水準の実力に新型インフルエンザとMERS(中東呼吸器症候群)で感染病対応経験までした国内の医療関係者は、治療薬のないこの病気から国民を保護するには震源地から入る感染源を最大限に遮断してまず時間を稼ぐべきだという点を知っていた。そしてそれを強く求めた。しかし総選挙前の習近平国家主席の訪韓にこだわった青瓦台(チョンワデ、大統領府)と政府は中国から入る扉を開いておいた。そして国民には予定されていた行事をそのまま進行し、普段のように外部の飲食店を利用して会食をするよう勧めたりもした。
https://japanese.joins.com/JArticle/263087?sectcode=120&servcode=100

インフルエンザウイルスやコロナウイルスは、タンパク質と脂質の集まりだと考えられる。直接触れることで人から人へ感染するが、硬い物の表面や、感染者の飛沫のなかにもウイルスは存在する。だが、いったん人体の外に出たら、ウイルスは外部の力を受けて劣化する。手指の消毒用アルコールはタンパク質や脂質を分解するため、ウイルスは不安定になり、感染力が弱まる。

MERSは、2012年9月に気温の高いサウジアラビアで発生した。SARSと違って完全に封じ込められることはなく、その後も新たな発症が時折報告されている。現在、その中東でもイランやアラブ首長国連邦で新型コロナウイルスの感染が報告され始めた。コロナウイルスの感染経路は、インフルエンザ同様、基本的には飛沫感染と接触感染である。コロナウイルス自体の大きさは直径100ナノメートル(1nm=1mmの100万分の1)程度と非常に小さい。

徹底すべきは、手洗いとなる。外出先から帰宅後すぐ、顔や室内のあちこちを触る前に、石鹸を使ってよく手を洗うこと。コロナウイルスはエンベロープという、脂を主成分とする膜に包まれている。石鹸は脂の膜を壊し、ウイルスを殺す働きがある。一方でマスクは、風邪などの予防効果は科学的に立証されていない。しかし、インフルエンザ予防と同様、鼻やのどなど気道を保湿・保温することで、その粘膜を保護し働きを高めることは期待できる。また、自身の手で無意識に口や鼻に触れるのを防ぐことにもなる。
[ 2020年03月01日 08:21 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp