韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  新型コロナ感染者 大邱の宗教施設で2千人超=韓国

新型コロナ感染者 大邱の宗教施設で2千人超=韓国

韓国で新型コロナウイルスの感染者のうち、集団感染が起きた新興宗教団体「新天地イエス教会」の大邱市内にある教会の信者ら関係者が2000人を超えた。

韓国政府の中央防疫対策本部によると、1日午前9時時点の韓国での感染者3526人のうち、新天地の大邱教会に関係のある人は2113人だった。感染者全体の59.9%に当たる。

大邱市の場合、感染者2569人のうち73.1%が新天地の施設に関係があった。 対策本部の権ジュン郁(クォン・ジュンウク)副本部長は「おそらく濃厚な接触が想像以上長く行われた可能性が高い」と説明した。

防疫当局は新天地を中心とした感染者が3月初旬までは増加し続けると分析している。 一方、韓国で感染が確認された人のうち、外国籍は35人だった。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/03/01/2020030180036.html

スポンサードリンク
韓国当局は26日、新型コロナウイルスの感染が広がっている宗教団体の信者ら20万人以上に対するウイルス検査を開始した。同国内の新型ウイルス感染者の大半が、カルト集団と形容されることが多い宗教団体「新天地イエス教会」に関係しており、市民の怒りの声が日ごとに強まっている。

韓国政府によると、秘密主義で知られる同教会から、信者約21万2000人の名簿の提出を受けたという。韓国の感染者数は、中国以外では最多となっている。保健省は、信者らが発熱や呼吸器系の症状を示していないかどうかを各自治体で確認し、症状があれば自宅での隔離を指示するとしている。韓国では新興宗教団体の集団感染により、新型コロナウイルスの感染者がこの1週間で10倍に増え、28日には2千人を突破した。

過去をみると、100年前のスペイン風邪の大感染がある。スペイン風邪とは、1918年から19年にかけて世界的に流行したH1N1型のインフルエンザである。当時の世界人口は20億人弱だったが、その大半が感染し、短期間に2000万人以上が死亡したとされている。米国カンザス州の米軍基地で発生したが、その後、第1次世界大戦に従軍したドイツ軍兵士の間で大流行し、このことが大戦終結の要因ともなったといわれている。日本でもウイルスが上陸後、約3週間で感染が全国に広がり、2400万人の患者と39万人の死者が出たとされている。当時の日本の人口は5600万人超だったことから、日本人の4割近くが感染したことになる。

「新型コロナウイルスはSARSよりも感染が広がりやすいため、2009年に流行した新型コロナウイルスに近い」との見解が専門家の間で広まっている。新型インフルエンザで最も優れた能力を発揮した日本に注目が集まっているという。

関連記事

[ 2020年03月01日 18:45 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp