韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  新型コロナの影響、韓国1月の消費と投資が大幅減

新型コロナの影響、韓国1月の消費と投資が大幅減

韓国KBSワールドラジオの中国語版サイトは、2月29日付で配信した記事で、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、2カ月連続で回復を見せていた消費と投資の指標が大幅減少に転じたと報じた。

韓国の統計庁が発表した1月の小売売上高は前月比3.1%減少した。2011年2月以来、ほぼ9年ぶりに最大の減少幅を記録した。

個別消費税引き下げが終了し、乗用車などの耐久財の消費が8.5%も減り、靴やかばんなどの準耐久財も2.2%減少した。飲食料品や燃料、医薬品の販売は増加したが、観光客の減少により化粧品の販売が減り、非耐久財の消費も0.7%減った。

1月20日に国内で初めて新型ウイルス感染が確認されてから、消費者心理の萎縮が表れている。

スポンサードリンク
統計庁は、「今回の集計では新型コロナウイルスの影響が一部の消費のみに限定的な影響を与えた」とし、「全体的な打撃は2月から本格化するだろう」と予測している。
https://www.recordchina.co.jp/b785267-s0-c20-d0035.html

2020-02-06-k001.jpg

韓国政府が1日発表した2月の貿易統計(速報値)で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い中国向け輸出額が前年同月比6.6%減少したと日本経済新聞が報じている。全体の輸出額は前年同月比4.5%増の412億ドル(約4兆4600億円)。前年と比べて2月の平日数が3日多かったため、感染拡大による輸出減少分を相殺した。韓国では製造業中心に経済活動が止まる旧正月の連休が2019年は2月上旬にあった。20年はうるう年でもあり、平日数が3日多く輸出金額を押し上げた。特殊要因で輸出額が15カ月ぶりに前年同月比プラスに転じたものの、輸出額を平日1日あたりに換算すると11.2%減となった。

しかし現実感染拡大は、これからであるのと、中国での感染拡大は今だ収まっていないことで、挙句に新型ウイルスは米国に上陸したわけで、中国で製品となり米国へ輸出する構図が乱れるのは目に見えている。問題はいつまで続くのかという事になる。仮に半年継続すれば、新型コロナウイルス感染による経済低迷でとどめ打ちとなる。韓国ではこれからが本当の恐ろしさとなる。

関連記事

[ 2020年03月02日 08:11 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp