韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国・文政権が日本にすり寄り「共に危機を克服しよう」 新型肺炎の“特効薬”アビガン目当て? 苦境脱出へ輸入模索

韓国・文政権が日本にすり寄り「共に危機を克服しよう」 新型肺炎の“特効薬”アビガン目当て? 苦境脱出へ輸入模索

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が日本にすり寄ってきた。日本の朝鮮半島統治に抵抗して1919年に起きた対日独立運動「三・一独立運動」の式典で、いつもの「反日」発言を控えたのだ。一体、狙いは何か。

「日本は常に最も近い隣国だ。共に新型コロナウイルスの危機を克服し、未来志向の協力関係に向けて努力しよう」 文氏は1日、ソウルでの式典でこう演説した。新型肺炎(COVID19)対策に多くの時間を割き、「われわれは必ずコロナウイルスに勝ち、経済をよみがえらせる」と決意を語った。 一方、対日関係については、「過去を直視してこそ傷を克服し、未来に進める。過去は忘れられないが、われわれは過去にとどまることもない」と述べるにとどめた。

過去の演説で、いわゆる徴用工や慰安婦などの問題を取り上げて、日本を徹底的に批判してきたのとは大違いだ。 韓国では、新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。1日だけで感染者は586人増え、感染者計3776人、死者18人に達した。ここで歯止めをかけなければ、4月の国会議員選挙での与党への大逆風は確実だ。

スポンサードリンク
この苦境を脱するため、文政権は、日本が新型インフルエンザ薬として200万人分を備蓄し、新型コロナウイルスへの有効性も期待されている治療薬「アビガン」に注目しており、輸入を模索している。 だが、「アビガン」は日本人の命を守る薬だ。東京五輪を「放射能五輪」と揶揄(やゆ)する国に回す余裕はない。
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/200302/for2003020004-n1.html

2020-02-26-k005.jpg

ファビピラビルは、富山大学医学部教授の白木公康と富士フイルムホールディングス傘下の富山化学工業(現:富士フイルム富山化学)が共同研究で開発したRNA依存性RNAポリメラーゼ阻害剤である。開発コードのT-705、あるいは商品名であるアビガン錠 の名前でも呼ばれる。2014年3月に富山化学工業が日本国内での製造販売承認を取得した。ただしすぐに製造・販売が開始されるわけではなく、新型インフルエンザが流行し他の薬が効かないと国が判断した場合に、厚生労働大臣の要請を受けて製造を開始するという特殊な承認となっている

中国の病院で行われた臨床試験では、ファビピラビルが抗HIV薬よりも優れた抗ウイルス活性を示し、新型コロナウイルスの増殖を阻害する作用が認められている。国内での観察研究で十分な効果が確認できれば、本格的な治療薬やワクチンが開発されるまでのつなぎとなる。「アビガンは全てのRNAウイルスに効く。日本で重症例が出たら、治療の選択肢になりうる」とアビガンの開発に携わった白木富山大元教授が述べている。

一方韓国ではのどから手が出るほどに手に入れたい“特効薬”アビガンとなる。だが約束を守らない国である。副作用や使い方が限定されるだけに、問題があれば日本の責任にするだろう。日本には200万人分の貯蔵がある。まして効果があるかどうかわからないだけでなくリスクの高い薬とはいえ、韓国に分けるほどの余裕はない。
[ 2020年03月02日 14:37 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
こいつらだけは絶対渡してはダメですよ!良く効いて助かっても、あれは日本の方からあげると言ってきたので、もらってやったのだ、とか言って絶対に感謝しないと思います。感謝しないどころか、ちょっとでも何かあったら、謝罪せよ、賠償せよ、我々は被害者だ!1000年恨む、と必ず言ってきます。もういい加減に日本も学習しましょうよ!
[ 2020/03/02 20:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp