韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国経済にとって新型肺炎の影響は世界の中でもとりわけ厳しい理由

韓国経済にとって新型肺炎の影響は世界の中でもとりわけ厳しい理由

新型肺炎の感染拡大によって、世界第2位の中国経済はほとんど開店休業という状態にある。湖北省は企業の休業措置を3月10日まで延長し、自動車をはじめさまざまな業種で生産が滞っている。 その影響が、世界経済を支えてきた米国経済などに波及することは避けられない。

その背景には、世界経済全体の連動性が高まってきたことがある。グローバル化の進展とともに、米中の経済的なつながりは深まり、サプライチェーンや金融取引を介し世界各国の相互依存度も増した。新型肺炎を理由に米アップルが業績目標の達成が困難と発表したのは顕著な例だ。新型肺炎が中国経済の成長率を低下させ、米国をはじめ世界経済にかなりの下押し圧力がかかる展開は軽視できない。

今後の新型肺炎の展開は見通しづらいものの、世界の市場参加者は、米国を中心とする世界経済の先行きを徐々に真剣に考え始めている。それが、2月下旬の世界的な株価急落につながった。 ありていに言えば、新型肺炎は、先行きを楽観し続けてきた投資家の目を覚ましたといえる。過去5年程度の間、米国の株価は低金利環境による“カネ余り”に支えられた。金利低下から投資家は満足できる利得を得ることが難しくなり、米国株に資金が流入しやすい市場環境がつづいてきた。

スポンサードリンク
世界経済への楽観は、文政権の経済運営の失敗に苦しむ韓国経済にとって、資産価格などの安定に大きな役割を果たしただろう。新型肺炎は、経済と政治の両面において、韓国を大きく揺さぶり始めているように見える。新型肺炎は、成長の限界を迎えた中国経済をさらに減速させるだろう。今後、韓国が中国への輸出を増やし、成長につなげることはかなり難しい。すでに韓国では自動車業界を中心に生産活動が鈍化している。それが長期化すると、企業の資金繰りや労働市場が悪化する恐れがある。
https://diamond.jp/articles/-/230343?page=2

2020-03-03-k002.jpg

新型肺炎は、先行きを楽観し続けてきた投資家の動きを加速させる可能性が高い。韓国の家計債務は可処分所得の180%程度に達した。雇用・所得環境が不安定で、内需は下押しされ。挙句に内需は縮小し続けている。状況によっては、韓国経済が本格的なデフレに陥る可能性もある。ソウルの株式市場では、現代自動車やサムスン電子などだけでなく、小売りをはじめ内需関連銘柄も売られている。

世界経済が米国の個人消費に支えられて安定を保ってきたことを考えると、米国の株価や金利の推移は、世界経済全体の先行きを懸念する投資家が増えつつある。中国の需要取り込みを重視し、ドイツをはじめとする欧州各国、さらにはアジアを中心とする新興国各国や資源国、観光や工作機械などの需要などを取り込んできたわが国でも株価は下落している。

関連記事

[ 2020年03月03日 08:57 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp