韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国の国立バレエ団団員が「自宅隔離」中に日本旅行、SNSでバレて批判殺到

韓国の国立バレエ団団員が「自宅隔離」中に日本旅行、SNSでバレて批判殺到

2020年3月2日、韓国・国民日報によると、新型コロナウイルス感染症の拡大と関連し、韓国国立バレエ団の団員が「自宅隔離」期間中に日本旅行に行っていたことが分かった。バレエ団はこの団員を懲戒にする方針と、3日から予定されていた公演の中止を明らかにしたという。

同バレエ団は先月14~15日、韓国・大邱(テグ)で公演を行った。その後、大邱・慶尚北道(キョンサンブクド)で新型コロナウイルス感染者が増えたことから、バレエ団は安全措置として、全団員を2週間、自宅隔離とすることを決めたという。しかし、この自宅隔離の期間中、団員の1人が日本に行き、旅の写真をSNSに上げたことでファンの知るところとなり、物議を醸した。「自宅隔離中に旅行だなんて」という批判だけでなく、「韓国同様に新型コロナウイルスが拡散している日本に行けば感染リスクも高い」という指摘が出た。

記事は、「このバレエ団の場合、感染の可能性は低い状況だったが、万一に備えて自宅隔離の期間を設けたもので保健当局の通達があったわけではない。当該団員は感染病予防法違反で法的に処罰されることはない」と説明している。

スポンサードリンク
一方で、「自宅隔離期間中に海外旅行をするのは、極めて利己的な行動だ」「雇用が安定している国立芸術団体の団員として、新型コロナウイルスのせいで生計が脅かされている公演界の仲間たちのことを考えれば決してしてはならない行動だ」などと強く批判。全国で同様に自宅隔離の指針を破るケースが増えていることを挙げ、「ウイルス拡散の恐怖を大きくしている」とも指摘した。
https://www.recordchina.co.jp/b189149-s0-c30-d0144.html

2020-03-03-k007.jpg

国立バレエ団は先月14日と15日に大邱オペラハウスで「白鳥の湖」を上演。その後、大邱市と慶尚北道地域で新型コロナウイルス感染者が増え、大邱公演の全出演者に自宅にとどまるよう指示をうけた。先月24日から今月1日までは自宅隔離期間となった。ところがナ・デハンが新型コロナウイルス感染症による隔離措置を破り、交際相手の女性と旅行で日本に行き非難を浴びている。

決まりを無視して、訪日するなどもってのほか。一人いれば複数の事例が出てくるのではないか。日本は韓国人の訪日を完全にストップする事である。韓国人にウイルス拡散されては大変である。韓国在住の中国人が韓国は危険と中国に戻るという状況であるから、中国及び韓国の訪日ストップを確実に実施する事である。

関連記事

[ 2020年03月03日 12:08 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp