韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  日本感染症学会「ぜんそく治療薬で新型コロナ症状改善」

日本感染症学会「ぜんそく治療薬で新型コロナ症状改善」

日本でぜんそく治療薬を使って新型コロナウイルス感染症の治療に成功した事例が報告された。3日のNHKによると、ぜんそくの治療に使われる吸い込むタイプの薬を新型コロナ患者に投与した結果、症状が改善したという研究結果が、日本感染症学会のウェブサイトに掲載された。

今回の研究は、大規模な集団感染が発生したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」の乗客を治療した神奈川県足柄上病院などが実施した。医療関係者は陽性判定の肺炎患者3人にぜんそくの治療薬「シクレソニド(Ciclesonide)」を本人の同意を受けて投与した。この薬はステロイド成分の免疫抑制剤。

3人はともに65歳以上の患者で、重症ではないが酸素呼吸器治療を受けていた。3人の患者に先月20日、シクレソニドを投与した結果、2日程度で症状が改善し、73歳の女性1人は完治判定を受けて退院したという。

スポンサードリンク
医療関係者は患者に肺まで薬の成分を吸入させた結果、ウイルスによる肺炎症状を抑制する効果が表れたと説明した。しかし臨床事例があまりにも少なく、まだ効果を評価するのは早い段階であり、他の医療機関と共同で研究を拡大する計画だと、NHKは伝えた。
https://japanese.joins.com/JArticle/263224

2020-03-03-k008.jpg

日本感染症学会のウェブサイトに掲載された神奈川県立足柄上病院などのグループの報告では、同ウイルスによる肺炎患者3人に喘息治療薬「シクレソニド(商品名はオルベスコ)」を投与したところ、いずれも症状の改善が見られたという。同病院はクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客の治療を行っている。 シクレソニドは帝人の子会社の帝人ファーマが手掛ける。この結果を受けて、「オルベスコ」を展開する帝人ファーマを子会社に持つ同社に買いが入り急反発となった。

シクレソニドの持つ抗ウイルス作用と抗炎症作用が重症化しつつある肺傷害の治療に有効であることが期待されている。シクレソニド以外の吸入ステロイドには、COVID-19の抗ウイルス作用は現時点では認められない。シクレソニドはプロドラッグの吸入薬で肺の表面にとどまり、血中濃度増加はごく微量である。投与時期は重症化する前の、感染早期〜中期あるいは肺炎初期が望ましく、ウイルスの早期陰性化や重症肺炎への進展防止効果が期待される。
[ 2020年03月03日 16:06 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(1)
おぼろげながら、武漢肺炎(COVID-19)に対する治療法が確立されつつある気配がする。
各国は手柄争いをするのでなく、英知を集めて未曾有の難関に立ち向かっていただきたい。
[ 2020/03/03 21:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp