韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  限りなくみずぼらしくなった文大統領のリーダーシップ

限りなくみずぼらしくなった文大統領のリーダーシップ

トランプ大統領のメッセージは短くて明確だった。新型コロナ事態が生じると中国人の入国を禁止し、飛行路線を断った。「米国を伝染病から保護するのが我々の目標」として防疫最優先を確実に実行した。中国の習近平国家主席も国内の事態が落ちつき始めると、韓国人の入国者を徹底的に隔離した。韓国人が住むマンションの入口を封鎖したりもした。韓国外交部が抗議すると反論だけが返ってきた。「中国は外交より防疫が優先だ」。両強大国の指導者の似たリーダーシップだ。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領のメッセージはあいまいだった。「防疫と経済、二兎を追うべき」と述べた。「中国の困難は我々の困難」という発言もした。防疫と経済、外交の三兎を追えという不可能な注文だ。先月12日の「防疫は徹底的にするものの、行き過ぎた萎縮は避けなければいけない。予定された行事は計画通りに進めるべき」という丁世均(チョン・セギュン)首相の指示はその延長線だ。官僚らはすぐにコロナに緩く対処すべきという真意を汲み取った。その結果、適当に防疫をして災難を迎えたのだ。大統領の表情ばかり眺めて、感染学会・医師協会など専門家の意見は黙殺された。マスク不足も同じだ。台湾は2月4日から輸出を禁止し、事実上の配給に入った。マスクを戦略物資と判断したのだ。

文大統領は正反対に向かった。所得主導成長で繰り返し市場に介入してきたが、いざマスク不足の時は政府の姿が見えなかった。2月1日-20日のマスクの対中輸出は1億1845万ドルだった。KF94マスクの普段の卸売価格(1枚300ウォン)の3倍の900ウォンとしても1億5000万枚が中国に流れたということだ。

スポンサードリンク
国内マスク生産能力(一日1200万枚)をフル稼働しても5000万人の国民に足りなかったが、毎日700万枚以上が中国に出て行った。その結果、マスク1枚を購入するために数時間、数百メートルの行列ができる。世界11位の経済大国の悲しい自画像だ。トランプ大統領は先週の演説で「伝染病に対応する先進国」として米国-英国-オランダ-豪州-カナダ-タイ-スウェーデン-デンマーク-韓国-フィンランドという順序を正確に羅列した。この研究報告書を作成したジョンズ・ホプキンス大学など専門家の意見を十分に聞いているのだ。政治論理と科学論理が衝突すれば政治論理に従う文在寅政権とは違う。
https://japanese.joins.com/JArticle/263256

2020-02-25-k002.jpg

中国と米国の間で、文大統領自身の意思はない。まして反日国民を支持基盤に政治利用している大統領だけに、経済対応策も無能である。外交では日韓において条約を破り、自国民が納得しないと責任を自国民に押し付けている。韓国内の問題を条約を破ってまで、卑劣な対応する韓国政府は、結局他国でも国家間の約束をを破り、自分で首を絞めている。

経済対策は企業への税金投入のみ、成長戦略は言葉だけで内容は乏しい。そこにとどめを打ったのが新型ウイルスとなる。外交は借金外交だけで、本来実施すべき重要な外交は無い。挙句に小国大統領が上から目線では、韓国に金を貸す国は無いだろう。今頃日本にすり寄ったところで、自国経済低迷もコロナ感染拡大もとどまることが無い。

中央日報は、韓国の新型コロナ検診能力は一日1万5000件を超える。圧倒的だ。日本は国際感染症センターと呼吸器専門病院2カ所などで一日1700件、米国は一日500件のテストをする水準と報じるが、検査数が多いだけでは感染対応ではできない。中国の往来数すら止めないで、新型ウイルス感染検査だけ増やすことのほうが異常だろう。危険な往来は自国を含めて止める事が最優先である。

関連記事

[ 2020年03月04日 10:14 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp