韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  この1カ月間に新たに生まれた米国内の「韓国恐怖症」

この1カ月間に新たに生まれた米国内の「韓国恐怖症」

先月末帰国するために米ワシントン・ダレス国際空港に到着した時、空港はいつもと変わらなかった。しかし、ソウル行きの便のゲートからは違っていた。航空会社のスタッフも韓国行きの乗客も全員、マスクを着用していた。

中国・武漢で新型コロナウイルスがまん延していた先月初め、米国東部で列車に乗った。座席が指定されていないので、乗客たちはそれぞれ空いている座を探して、見つかったら座るのだが、不思議なことに私の隣の席はみんな避けているように感じた。中国人のように見えるアジア人全般を避けるムードが起こっているのではないかとの疑念がわいたが、過敏に反応しないようにしようと考えた。

しかし、新型コロナウイルス問題が1カ月以上続いていることから、米国でも既に多くの人々が極度に用心深くなっている。表に出さないだけなのだ。ワシントンの知り合いたちは「中国レストランなど中国人が多く集まる所には行かないという雰囲気だ」と耳打ちしてくれた。韓国・中国などへのアジア出張や旅行の計画を延期・中止した人も多かった。留学生の中にも米国に戻れなくなるかもしれないと心配して韓国への一時帰国を先送りするケースが少なくなかった。帰国の準備をしている間、周囲の人々に「マスクを必ず買って行って」と言われ、近くの薬局に行ってみたものの、マスクは見当たらなかった。

スポンサードリンク
先月中旬、韓国の感染者数が数十人程度だった時までは、ワシントンで韓国のことを心配している人があまりいなかった。中国の新型コロナウイルス感染拡大に対しては怖がっていたが、韓国に対しては「いつも通り、やり過ぎだと思われるほど強力な先回りの対応ではないか」と言われた。

しかし、米国が中国からの入国者の米国入国制限を決定した直後から、既に韓国の新型コロナウイルス問題に対する不安が始まっていたようだ。米国が中国に対して門戸を閉ざした後も韓国は開け放したままだったため、太平洋の向こう側からは韓国と中国がひとかたまりに見え始めた。米国の新型コロナウイルス対応マップで、中国が赤で表示されていれば、中国に対して門戸を開け放したままの韓国は、いくら防疫システムのレベルが高く、医療インフラ水準が先進的であっても、ピンクや紫くらいに見えただろう。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が早々と北朝鮮と中国の国境を閉鎖した後は、「文在寅(ムン・ジェイン)政権は一体何を恐れて国民の健康を最優先させることができないのか」という疑問がワシントンで広がっていった。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/03/06/2020030680128_2.html

長文なのでこちらからご覧ください。

前記事に関連するが、米国のみならず世界は、新型コロナウイルス感染が広がっている国からの人材は避けるのが普通で。人間の心理と言える。感染拡大しているにもかかわらず、その国の人材が近くにいれば避けるだろう。これは普通の心理である。これだけ感染拡大となり世界に広がったわけで、それが米国に上陸したことで、米国では感染しないための方法を模索するだろうし、それだけ米国民は注意しているという事でもある。

韓国人はそういう対応を嫌がるが、認識の違いという部分であまりに大きく違いすぎる。と同時に日頃の韓国と言うワガママな国は約束破りが世界中に広がっているわけで、韓国人を見れば感染者ではと疑いたくもなるのだろう。この状態はヨーロッパでも同様に韓国人の周りに、誰も座らなかったとイタリアやフランスでも同様な事が発生し話題に上がっている。如何に普段の行動が、大きな問題となった時に、その国の国民意識は、韓国をどう思っているのかと言う側面で良くわかる。

関連記事

[ 2020年03月08日 08:50 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp