韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  新型コロナ 世界的流行に/韓国、教団感染を口実にするな

新型コロナ 世界的流行に/韓国、教団感染を口実にするな

新型コロナウイルスは発生源の中国を除く世界全体の感染拡大のペースが中国を上回り、世界保健機関(WHO)が危険度を最高レベルに引き上げる事態に発展した。日本だけではなく、WHOに「最大の懸念」として挙げられた韓国やイランでも感染者急増に危機感が高まり、政府は封じ込めに躍起だが、その是非をめぐる議論からはそれぞれの政治的な事情もにじみ出ている。

新型コロナウイルスの感染者が中国に次ぐ規模に増加した韓国では、すでに十数万人が感染の有無を調べる検査を受けている。中央日報の論説委員は3日付コラムで「『地域社会感染』の段階に入った」と一段の感染拡大を懸念。症状の軽重を問わない治療が医療システムを崩壊させると警鐘を鳴らした。 コラムは感染について「無症状者が多いうえ、発病初期でも感染力が強い特性のため、いずれ全国的に病がはびこる公算が大きい」と分析。当初は新興宗教団体「新天地イエス教会」の集団感染など南東部の大邱(テグ)、慶尚北道(キョンサンプクト)の感染拡大に関心が集まったが、「この間、この地域の新天地イエス教会の信者らを集中的に検査したため、こんな結果が出ただけだ。他の場所でこのように調査したなら、感染者の分布は違っていただろう」と問題提起した。

感染の拡大とともに課題となるのは医療機関の態勢だ。コラムはこれまでの対応について「全体的な病床規模や医療スタッフの状況などを綿密に考慮せず、症状の軽重に関係なく無条件に感染者を捜し出し、隔離した」と指摘。その結果、「軽症患者が病院食を(食べて)減らし、重症患者の病室で横になっているケースがざらだ。実際の重症者は病床がなく自宅隔離中に死んでいく」と懸念した。

スポンサードリンク
ラムは米国と日本を引き合いにし、相当期間の高熱と乾いたせき、咽喉痛などがあれば検査する両国の対応には「明確な論理がある」と主張。医者や看護師にかかる重い負担も考慮した上で「マラソンを100メートル走のように走ってはならない」と訴え、「手当たり次第」の対応では「医療システムが崩壊し、まさに一刻を争う緊急患者を助けられなくなる」と、大局的見地に立った対処を求めた。 韓国では政府対応に批判が強く、このため一部メディアや与党支持者などには文在寅(ムン・ジェイン)政権を擁護するためか、集団感染が起きた新天地イエス教会の責任を強調しようとする向きもみられる。
https://www.sankei.com/life/news/200307/lif2003070008-n1.html

2020-02-26-k006.jpg

新型コロナウイルスは2種類のタイプに分かれ、感染力が違う可能性があると、北京大などの研究チームが6日までに中国の英文科学誌ナショナル・サイエンス・レビューに発表している。中国の内外で解読された103例のウイルスのリボ核酸(RNA)を解析し、遺伝子を構成する塩基配列の違いから、7割を占めるL型と3割のS型に分類した。L型はS型から変化して出現し、感染力が強い可能性がある。武漢市ではL型が大半を占めたという。

イタリアやイランも深刻だ。特にイランは、死に至る確率が10%と非常に高い。イスラム教による宗教文化が関係しているとの見方もある。世界中が混乱している中で、韓国はすぐ責任転嫁する。感染拡大は感染元を早く止めなかったことに尽きる。自国内での批判のみならず、日本を批判するという他国の事を語るよりも、自国の感染拡大を食い止め、他国に広げない事である。
[ 2020年03月08日 12:16 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp