韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国保健福祉部長官「韓国の防疫力、世界の模範になるだろう」

韓国保健福祉部長官「韓国の防疫力、世界の模範になるだろう」

朴凌厚(パク・ヌンフ)保健福祉部長官が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)に関連した発言でまた俎上に上がった。感染者数が多い原因が優秀な防疫力のためと話したためだ。

これに先立って先月26日、朴長官は新型肺炎の拡散の最も大きな原因が「中国から入ってきた韓国人だった」とし、世論の叱責を受けた。朴長官は8日、中央災害安全対策本部の定例ブリーフィングで「世界のどの国より速くて多い診断検査を行っている。逆説的だが、韓国に感染者数が多いのは優秀な診断検査力と徹底した疫学調査など防疫力の優秀性を証明している」と話した。また、「ドライブスルー方式の検体採取やGPS情報を利用した疫学調査などは世界的な模範事例になると考える」と述べた。

だが、新型肺炎の拡散傾向が完全に落ち着いていないうえに、朴長官が防疫失敗の責任者とされる状況で軽率な発言だったという批判の声が医療界から出ている。この日午後4時を基準に新型肺炎感染者は7313人、死亡者は50人だ。 大韓医師協会のチェ・デジプ会長は「防疫が良かった悪かったの評価は感染者と死亡者、治療後障害がどれほど残ったのかで判断することだ。現在、感染者・死亡者が多数発生して1~2週内に死亡者が大きく増える可能性もある状況で長官が過度に誤った認識を持っている」と指摘した。

スポンサードリンク
特に、チェ会長は「国民が新型肺炎で苦痛を受けている中で主務部署の長官が防疫に力を注ぐどころか、むしろ苦痛を加重させる発言を行った。朴長官を直ちに更迭しなければならないという医師協の要求は依然として有効だ」と話した。先月26日、国会法制司法委員会全体会議でも朴長官は新型肺炎の拡散の主な原因として「中国から入った韓国人」と数回強調した。この発言が論議を呼ぶと、チン・ヨン行政安全部長官は2日国会対政府質問で朴長官の発言が「今の段階ではいかなる根拠もない話だと考える」とした。
https://news.livedoor.com/article/detail/17935055/

2020-03-09-k005.jpg

日本メディアや専門家まで、韓国の検査を称える言葉が聞こえてくるから不思議だ。そもそも感染拡大した事で、検査数増大となったわけで、対応の遅さが招いた結果となる。医療がパニック状態と化した中で、現実とは違う。世界は韓国を嫌い、韓国人に近づかないわけで、挙句に自国政府は、検査数を自慢する。感染拡大の反省は無い。

今なお加速的に感染拡大中であある。それを検査数が多いから感染者を見つけられたと称賛するのだが、元を早くから止めれば、これだけの拡大にはならなかっただろう。今回を含め3回もコロナウイルス感染を経験していながら、その対応は遅い。こちらの方が問題だろう。

関連記事

[ 2020年03月09日 09:50 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp