韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  専門家「新型コロナが中枢神経系を攻撃、想定内しかも低確率」

専門家「新型コロナが中枢神経系を攻撃、想定内しかも低確率」

北京地壇病院は5日、新型コロナウイルスが中枢神経系を攻撃することを初めて証明した。また、世界初の新型肺炎の脳炎合併患者がこのほど退院したと発表した。羊城晩報が伝えた。

新型肺炎の重篤患者で、脳炎を合併していた許さん(56)がこのほど、首都医科大学付属北京地壇病院で完治し、退院した。北京地壇病院重症医学科、検査科、中国疾病予防・管理センター感染症研究所の共同作業チームは、採取された脳脊髄液のメタゲノミクス次世代シーケンシング及び感染症の病原体の鑑定においてその他の病原体を排除し、SARS-CoV-2ウイルスの遺伝子配列を取得した。 ゲノムシーケンシングにより脳脊髄液に「SARS-CoV-2」が存在することが証明され、ウイルス性脳炎と臨床診断された。同検査は初めて新型コロナウイルスが中枢神経系を攻撃する可能性があることを証明した。同事例に関する報道は世界初となった。

中山大学附属第三病院副院長を務める感染症の専門家である崇雨田(チョン・ユーティエン)氏は、「新型コロナウイルス感染により全身のウイルス血症が生じる。このウイルスは主に肺を攻撃するが、症状の進展により心筋損傷、凝血機能異常、腎不全、肝不全などを合併し、複数の臓器がダメージを負ってしまう」と指摘した。

スポンサードリンク
中山大学附属第一、第二、第三病院の20数人の専門家は5日、省内の新型コロナウイルス重篤患者5人の立会診察を行った。これらの重篤患者はいずれも、心臓、肝臓、腎臓などの臓器の損傷を合併していた。そのため新型コロナウイルスが中枢神経系を攻撃することは意外なことではないが、攻撃が直接的であるか間接的であるかについては、さらなる研究で証明する必要がある。
https://www.recordchina.co.jp/b787244-s10-c30-d0046.html

中国の国家衛生健康委員会は3月4日、新型コロナウイルスの感染診断ガイドライン改正版、「新型肺炎の診断と治療方案(試行第7版)」を発表した。同ガイドラインによると、新型コロナウイルスに感染した場合、心臓、肺、脾臓、肝臓、腎臓、脳組織などに異常が生じ、臓器が損傷することがあるとし、中国国内の研究チームは、新型コロナウイルスの変異が見つかり、感染力がさらに強まったとした。新たに発表されたガイドラインに「病理変化」との項目が加えられた。これによれば、患者の肺組織に病巣部出血や壊死(えし)、出血性梗塞、肺の間質組織の線維化などが見られた。

また、患者の脾臓が顕著に縮小し、リンパ細胞も急減し出血と壊死が確認された。心臓と血管の病理変化について、心筋細胞の性質変化と壊死、一部の血管内皮の脱落と内膜炎症、血栓の形成がみられた。肝臓が肥大し、色は黒みを帯びた紅色に変色。肝細胞の性質変化と好中球浸潤を伴う病巣の壊死も確認された。腎臓に関しては、腎糸球体のボーマン嚢にタンパク性滲出液が生じた。骨髄にある3種類の造血幹細胞が減少した。脳組織の充血と水腫、一部神経細胞の性質変化があった。食道、胃、腸の粘膜上皮細胞にも性質変化、壊死と脱落がみられたとしている。

中国科学院が発行する科学誌「国家科学評論」が2月3日に掲載した論文は、このほど新型コロナウイルスの103個の遺伝子サンプルを解析した結果、新型ウイルスに149個の突然変異体が存在すると指摘している。また、新型コロナウイルスには「L型」と「S型」の2つのサブタイプが現れたとし、全体の7割が、感染力がより強くなった「L型」だという。残りの3割は従来のコウモリ由来コロナウイルスの遺伝子と類似するとの事。
[ 2020年03月09日 10:04 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp