韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  一番危ないのはスマホだ! 専門家「付着ウイルスに最長9日生存リスク」

一番危ないのはスマホだ! 専門家「付着ウイルスに最長9日生存リスク」

「いま、感染を媒介する可能性があるのはスマートフォンです。実は今、これが一番怖いかもしれません」
新型コロナウイルス感染症にも関連が深い呼吸器の専門家として知られる、池袋大谷クリニック(東京都)の大谷義夫院長はこのように警戒感をあらわにする。

スマホに注目するのは、科学的データがあるからだ。その根拠の一つとして、今回の新型コロナウイルス以前のコロナウイルスを調べたドイツの研究に大谷院長は注目する。ちなみに、新型コロナウイルスは7番目のコロナウイルスで、それ以前には2002年に発生したSARS(重症急性呼吸器症候群)や2012年以降のMERS(中東呼吸器症候群)などがある。 「この研究では従来のコロナウイルスが付着した物体の表面には、室温で最長9日間、感染力が維持されることが示されました」(大谷院長)

さらに、この従来のコロナウイルスでは、アルミニウム、プラスチック、ガラスだけでなく、木材や紙に付着しても平均で4~5日生存できることも判明している。そのスマホに触る前後に、電車のつり革や手すりといった、 これらの素材の多くはスマホに使われている。「みなさん1日に何回、スマホに触りますか。LINEやフェイスブック、ヤフーのニュース検索、天気予報のチェック。ゲームやコンビニでの支払い、Suica機能を付けて駅の改札に使っている人もいるでしょう」

スポンサードリンク
そのスマホに触る前後に、電車のつり革や手すりといった、不特定多数の人が触った“感染源候補”に触れている。電車が駅に着くたびにつり革などの除菌をしてくれればいいのだが、それをやればキリがない。「そこが盲点なんですよ。手洗いもそうなんです。手洗いが肝心といっても、5分おきにする人はまず、いませんよね」 除菌には、アルコール消毒(70度)が奨励されており、スマホには除菌のウエットティッシュが使えるだろう。ウイルスは膜のあるものとないものに分けられ、膜のあるタイプはアルコール消毒すると、膜が破れてウイルスが感染力を失う。新型コロナウイルスは膜のあるタイプとされる。
http://www.zakzak.co.jp/lif/news/200310/hea2003100004-n1.html

2020-02-26-k006.jpg

飛沫感染は、ウイルスを含むせき、くしゃみから広まる。ドアノブやスイッチなどに付いたウイルスを手で触ってしまい、口や鼻からウイルスが入ることもある。「濃厚接触」とは、感染者と一緒に生活したり、2メートルほどに近づいた状態で長時間すごしたりすると危険は高くなる。そういう意味ではスマホは手で触るのと、様々なところに置いたり、駅の改札に使ったり、スマホにウイルスが付着する可能性もあるのでで注意が必要だ。

またマスクは、本来はせき、くしゃみをしている人が周りにウイルスを広げないためのもの。着け忘れたら、袖やハンカチで口と鼻を覆ってくしゃみを抑えるのがマナー。手のひらは駄目。ウイルスが付いた手であちこちを触ってしまう。マスクを着けていれば汚れた手で鼻や口を触るのを防げる。
[ 2020年03月10日 16:29 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp