韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  750人勤務のソウル九老区コールセンターで71人感染…「爆発的増幅集団の懸念」

750人勤務のソウル九老区コールセンターで71人感染…「爆発的増幅集団の懸念」

ソウル市九老区にあるコールセンターの新型コロナウイルス感染者が一日で22人から71人に増え、首都圏の「スーパー感染地」になる恐れが高まっている。朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長は10日午後、「九老区コールセンター感染者はソウル市40人、仁川市13名、京畿道11人の計64人だ。首都圏が緊密に協力しなければならない」と述べた。その後、首都圏の各自治体が感染者を追加発表し、九老区コールセンター関連の感染者は71人と確認された。

同日、大邱市内でもコールセンター関連の感染者が10人と確認された。同市達西区のサムスン電子コールセンターで5人、SKコールセンターと新韓銀行コールセンターで各1人を含め、同日まで6カ所で10人の感染者が出た。こうしたコールセンターは韓国内に少なくとも1000カ所ある。

疾病管理本部のクォン・ジュンウク副本部長は同日、「九老区コールセンターの集団感染がソウル市・京畿道に広がれば、第2の新天地イエス教のような『爆発的増幅集団』になるかもしれない」と言った。同コールセンターは電話応対をするという業務の特性上、同じ11階にいた職員207人のほとんどがマスクをせずに勤務していたことが分かった。このコールセンター代行業者はビルの7-9階で働く約550人を含め、計750人の職員がいて、感染規模はさらに拡大する可能性がある。

スポンサードリンク
九老区コールセンター集団感染はソウル市恩平区聖母病院(14人)を上回る首都圏最大の集団感染事例だ。全国的に見ても新天地イエス教関連(4710人)、慶尚北道清道郡テナム病院関連(122人)に続く数字だ。10日午前0時現在で韓国内の感染者は7513人で、前日に比べ131人増えた。死者は前日より6人増えて60人になった。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/03/11/2020031180001.html

2020-02-22-k002.jpg

新型コロナウイルスの感染は100か国以上に拡大。これまでに11万人以上の感染者が出ている。 世界規模で人の移動が制限され、会議やスポーツイベントなどが中止に追い込まれている。 一方で中国では、ここ数週間で新規感染者数が着実に減少しており、異例の隔離措置が効果を発揮しているように見える。中国国家衛生健康委員会(NHC)によると、10日に報告された新規感染者数は19人にとどまり、感染者数の記録を開始した1月21日以来、最少となった。

世界保健機関(WHO)は9日、中国の感染者70%超が回復しており、同国は「流行を抑えられている」との見解を示している一方で、韓国の感染者は深刻だ。日韓入国規制争いを実施し、反日姿勢が強まった状態だが、ソウル市九老区にあるコールセンターの新型コロナウイルス感染拡大は厄介だ。 

日本とて厳しい状態となっている。新型コロナウイルスの影響を発生事象別に分類すると、最も高かったのは「サプライチェーンに支障」で、約4割(構成比39.0%)を占めた。工業製品から機械、衣類、食品に至るまで、様々な製品を中国に依存する日本企業にとって、中国の生産現場の混乱がもたらすサプライチェーンの寸断は想像以上に深刻だ。モノが入らず、一気に営業や生産活動の維持が難しくなっている。
[ 2020年03月11日 09:18 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp