韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  文大統領「韓国は防疫の模範」と語った翌日にソウルで集団感染、少しの間でも自制を

文大統領「韓国は防疫の模範」と語った翌日にソウルで集団感染、少しの間でも自制を

朴凌厚(パク・ヌンフ)保健福祉部(省に相当、以下同じ)長官が「わが国のコロナへの対応が世界的な標準として定着するだろう」と自画自賛を並べ立てた翌日の9日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「新規の感染者数をもっと少なくし、安定段階に入れば、韓国はまさにコロナ防疫の模範事例として評価を受けるだろう」と発言した。今月3日だけで851人の感染が確認されてからは増加幅が引き続き減少傾向にあることから、コロナ関連の恩着せが再び始まったのだ。

しかし文大統領のこの発言が出た同じ日、ソウル市内のあるコールセンターで大量集団感染が発生した。大邱以外の地域では最も規模が大きくなるのでは、と懸念されている。このようなことが繰り返されるようでは、大統領や政府は国民の信頼を得ることができない。

今年1月末に国内で最初の感染が確認されてから、文在寅政権の関係者らが「コロナの感染拡大は落ち着いた」といった性急な診断を下したのは1回や2回ではない。2月初めには1日か2日ほど感染者が出なかったため、与党の院内代表は「ウイルスとの戦争で勝機をつかみつつある」と述べたが、まさにその当日に5人の感染が確認された。2月13日に文大統領が「近く終息するだろう」と述べた3日後に問題の新天地礼拝が行われた。

スポンサードリンク
2月19日にイ・ヘチャン共に民主党代表は「感染者が出てから1カ月になるが、その間に政府は本当にうまく対応してきた」と発言し、出入国管理を担当する秋美愛(チュ・ミエ)法務部長官は「国際社会も韓国の感染病拡散遮断を評価している状況」と述べた。その日には22人の感染が新たに確認され、大量感染の堤防が崩壊した。
https://news.livedoor.com/article/detail/17947219/

2020-03-05-k002.jpg

危機管理が不可欠となる新型コロナウイルス感染は、発生源の国との往来をまず止める事となる。感染対応の遅れに伴い、感染拡大はとどまる状態ではない。また韓国政府は、結果をすぐ言葉にするが、終息を如何にく止めるかが重要で、終息までにかかった日にちが結果となる。先に結果を求めれば失敗する。

文大統領は感染元を止めずに来たわけで、感染拡大のための検査に追われ、検査体制だけを広めただけでは、検査数だけが増加し、歯止めが利かない。すべてを止めて、終息に向かってこそであるが、自画自賛するにしても、終息宣言が出てからの話となる。その結果対応が素晴らしければ、他国が称賛するだろう。韓国政府は、レベルが低いのか、誰も褒めないので自分でほめるでは、墓穴を掘るだけであるが。

関連記事

[ 2020年03月11日 16:11 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(2)
あぁこのニュースね、ほんと馬鹿だよね。確かコロナ関係で自慢してた事3回目だよね。馬鹿に塗る薬はないよね。
[ 2020/03/11 16:40 ] [ 編集 ]
こんな記事がありました

https://www.epochtimes.jp/p/2020/03/52827.html
[ 2020/03/12 09:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp