韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  防疫自慢でばつが悪くなった韓国政府

防疫自慢でばつが悪くなった韓国政府

9日、プレスセンター(ソウル市中区)で「政府合同外信ブリーフィング」が開催された。韓国政府が武漢コロナウイルス感染症(武漢コロナ)と関連して設けた席だ。金剛立(キム・ガンリプ)保健福祉部(省に相当、以下同じ)次官ら政府関係者や医療専門家など8人が出席する中、米国、ドイツ、ロシアなどから来た外信記者数十人が訪れ、国政広報テレビで生中継された。

ブリーフィングが始まると同時に、政府は自画自賛の言葉を並べ立て始めた。金次官が冒頭の発言で「迅速かつ多くの人への診断検査を実施している」「感染病拡散を阻止することに成功している」「これまでの経験と知識を世界と共有したい」と述べた。続いて李泰鎬(イ・テホ)外交部第2次官が「韓国は最高レベルの診断力量を保有している」「増加する感染者の数だけを見るのではなく、その裏の事実を見てほしい」と訴えた。この種の自慢と泣訴で44分が流れた。

質疑応答が始まった。ドイツの記者が陪席した政府高官らではなく、キム・ドンヒョン韓国疫学学会会長を手で指し示し「専門家に質問したい」と述べた。質問は「コロナが始まった段階から、韓国政府は時宜適切に対応したと考えるか」というものだった。これに対してキム会長は「先ほど『成功』という言葉が(政府から)出たようだが、私は同意するのが少し難しい」「ウイルスが統制されていると評価するにはまだ極めて早い」と回答した。

スポンサードリンク
「他国に比べてどのような準備がうまくいったのか」との質問も出た。政府側は「偶然の一致かもしれないが、診断キットを準備していたし、健康保険のシステムがうまく稼働していた」と答えた。その一方で「足りない点がなくはなかった」として「新天地の事例が突然発生し、医療システムが揺らいで人力の充員が難しかった」と説明した。さらに「実際に現場に投入してみたら、さらに多くの準備が必要だったとの反省もした」と述べた。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/03/11/2020031180058.html?ent_rank_news

2020-02-29-k003.jpg

感染拡大でシステム構築がしっかり実施できている国ほど、防疫自慢はしない。危機管理として当たり前のことであるから自慢することでは無い。むしろ他国に迷惑がかかれば謝罪が先となる。韓国の様に感染拡大で他国に迷惑をかけている国が謝罪では無く自慢している様では、心苦しいだけとなる。挙句に日本への反発が目立ち、事あるごとに反発している様では、世界から気を引く戦略がむなしく感じる。

今の韓国政府に説得性は無い。日本政府への恨みや不満は、韓国政府内での話であるから、世界に向けて自慢したところで、感染拡大している国が自慢話などありえない。検査数だけの拡大で元を止めていないのでは、自国政府のレベルを疑うという結果しか出てこない。日本との条約と言う約束を破り、借りた金を返さない韓国では、日本のみならずイランは怒り心頭だろう。様々な国で不正建設を実施している韓国企業への不満も大きく、東アジア地域を含み、韓国に対する信用度は無く、国際社会からも孤立している。

関連記事

[ 2020年03月12日 09:51 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp