韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国外交部長官「韓国人の入国制限措置、防疫能力のない国の単純な措置」

韓国外交部長官「韓国人の入国制限措置、防疫能力のない国の単純な措置」

康京和(カン・ギョンファ)韓国外交部長官は4日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)事態により92カ国で韓国人の入国制限・禁止措置が相次いでいる状況をめぐり「防疫能力がない国が入国禁止という単純な措置をする」と述べた。

康長官は4日午後、国会外交統一委員会で「複数の外交長官自身が防疫システムがあまりにも手薄なため単純な防ぎ方しかできないと述べた」と述べた。また「韓国国民に対する友好などには支障のないもので、一日も早く正常化して制限措置を解除できることを願うという相手国からの一様な話があった」と説明した。

続けて「韓国が仲間外れになっているとか、イメージが失墜したなどと断定的に言うことはできない」とし「防疫措置は専門家の間でも非常に評価されていて、他国の模範となることができるということも外国ですでに多く言われている」と反論した。

康長官は「初期に中国人入国を禁止しなかったことが事態を大きくしたのではないか」という質問に対し「全面遮断しても韓国に来なければならない人は経由や違法な方法を取ってでも韓国に入って来る」とし「その場合、むしろ管理網から外れるため(入国を)受け入れつつ徹底的にモニタリングするということが、国際機関の勧告だった」と説明した。

スポンサードリンク
また、「事前通知なく航空機がすでに出発した状況で入国制限措置を取るなどの事例は強く抗議しなければならない」という指摘には「指摘通り、すでに出発した飛行機を引き返させたのは非常に非友好で一方的な処置であり、強く抗議した」と述べた。康長官は新型コロナウイルス事態が落ち着けば各国の入国制限措置も解除されるという見方を示した。また、「我々が新型コロナウイルス危機警報を深刻レベルに上げた瞬間、多くの制限措置を取り始めた」とし「国内の状況が安定すれば多くの国が措置を解除することを期待している」と述べた。
https://japanese.joins.com/JArticle/263292

2020-03-02-k003.jpg

中央日報の記事が事実ならば、韓国政府の康京和韓国外交部長官と言うのはアホほでしかない。自国は防疫能力が高いと思っているから間違いが起こる。防疫はまず感染国の入国を止める事に尽きる。感染国からの人を受け入れて、感染拡大してから検査しても検査が追い付かない。感染国からの入国を止めてから対応をしない限り無理となる。

今の韓国政府は他国に大迷惑をかける対応しか実施していない。これでは検査体制を自慢するだけの国でしかない。、あげくに康京和は、「韓国人の入国制限措置、防疫能力のない国の単純な措置」と言うのでは、自己都合も甚だしい。

関連記事

[ 2020年03月15日 09:37 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp