韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  「恵みの川教会、コロナ退治で信者の口に塩水噴射…逆に集団感染拡大」

「恵みの川教会、コロナ退治で信者の口に塩水噴射…逆に集団感染拡大」

合計46人の武漢コロナウイルス(新型コロナウイルス、コロナ19)感染者が集団発生した京畿道城南市の「恵みの川教会」が最近の礼拝で、新型コロナの予防に良いとの理由で噴霧器を使用して信者たちの口と手に塩水を吹きかけていたことが分かった。京畿道側は、こうした教会側の行為が逆に集団感染の原因になったとみている。感染症への対処に対する誤った情報の広まりを意味する「インフォデミック」(infodemic、情報感染症)によって、教会で新型コロナウイルスの感染が拡大したというわけだ。

京畿道が16日に明らかにしたところによると、防疫当局は「恵みの川教会」に対する疫学調査の過程で、今月1日と8日に実施された2回の礼拝中に、ある教会関係者が新型コロナの予防に良いとして、噴霧器に入れた塩水を出席した信者全員の口と手のひらに吹きかける場面が録画された監視カメラの映像を確保した。

イ・ヒヨン京畿道コロナ19緊急対策団共同団長(盆唐ソウル大学病院公共医療事業団教授)は定例ブリーフィングで「疫学調査中に監視カメラの映像を確認したが、(教会側が)塩水がコロナウイルスに良いという誤った情報のせいで礼拝出席者1人1人の口に噴霧器で塩水をかけていた」と説明した。 イ団長は「このように噴霧器による塩水噴射が全ての出席者に対して続けられたため、事実上感染者が増えるほかない状況」だとして「塩水の噴霧が直接感染の原因になったと推測される」と話した。

スポンサードリンク
さらに「礼拝出席者の中に感染者がおり、その人に対して使用した噴霧器が消毒されずに別の人への塩水噴射に使われたため、事実上は直接的な接触が行われたのと変わらない状況になった」と説明した。イ団長は「(このケースは)誤った情報のせいで生まれる、いわゆる『インフォデミック』と呼ばれる現象」と述べた。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/03/16/2020031680286.html

2020-03-17-k003.jpg

韓国のソウル近郊の城南にある「恵みの川教会」で、新型コロナウイルスの集団感染が確認された。この教会では、消毒と称して礼拝の参加者の口にスプレーで塩水を吹きかけていたが、地元自治体は、誤った情報に基づく対策で、スプレーを正しく消毒せずに使い続けたことで、感染の拡大を招いたとの見方を示した。

在釜山日本国総領事館は、韓国では新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染者が急速に増加しており、韓国政府は危機警報を「深刻」段階へと引き上げていると掲載している。特に、大邱広域市,慶尚北道清道郡及び慶尚北道慶山市で、感染者が短期間に大きく増加しており、「感染症特別管理地域」に指定されているとしている。3月15日0時現在 累計感染者数8,162名(3月14日0時発表時から76名増加)。 韓国全国増加76名のうち、当館管轄内 大邱広域市41名、慶尚北道4名、釜山広域市3名、蔚山広域市1名と伝えている。

関連記事

[ 2020年03月17日 08:51 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp