韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  金浦空港の防疫網に穴…搭乗者発熱チェックせずに通過

金浦空港の防疫網に穴…搭乗者発熱チェックせずに通過

12日午前、済州島に行く格安航空会社「ティーウェイ航空」の旅客機に乗るため、金浦空港(ソウル市江西区)に到着した会社員のイさん(28)は、空港にサーモグラフィーカメラ(熱感知カメラ)が1台もないことを知って驚いた。しかも、発熱をチェックする職員もいなかった。イさんは済州空港の入国ゲートに到着してはじめてサーモグラフィーカメラを見た。イさんは「密閉された機内で数百人が密着して座り、1時間以上過ごした後に検査をすることに何の意味があるのか」と言った。

国際線でも大差はなかった。14日午後、上海行きの中国東方航空機を利用した海外在住韓国人のイさん(57)とチェさん(56)夫妻も金浦空港の出国ゲートで飛行機に乗るまで、発熱チェックを受けなかった。機内に入る前、航空会社職員が体温を測ったのが唯一だった。空港ではなく、航空会社が自主的に検査していた。

現在、金浦空港のサーモグラフィーカメラは1台だけである。韓国空港公社の関係者によると、国際線到着便の乗客を対象に出入国審査台の前に設置したものが唯一だという。いくら高熱があっても、航空会社が制止しない限り、国内・国際線航空機の搭乗には問題がない。金浦空港は先月の1カ月間で120万人が利用した。仁川国際空港が空港到着から航空機搭乗まで3段階にわたり発熱の有無をチェックしているのとは対照的だ。

スポンサードリンク
空港公社側は「発熱チェックは公社の責任ではない」という見解を持っている。空港公社の関係者は「サーモグラフィーカメラの操作は地方自治団体の責任だ。先月24日、ソウル市と江西区庁に装備・人員支援要請をしたが、19日間もたってからやっと『自己解決せよ』という回答が来た」と話す。これについて江西区は「管内に感染者が相次いで発生しており、自宅隔離者が115人にも達している。保有している装備もなく、防疫人員も大幅に不足しているため、空港公社の要請に応えるのは難しい」としている。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/03/18/2020031880004.html

2020-03-18-k003.jpg

検査体制で自慢している韓国政府である。ところがふたを開ければ、抜け穴がある。恐らくは一つあれば複数あるのがクレームであるからまだあるのではないか。一方、新型コロナウイルス感染症が急速に広がっているイタリア在住の韓国人らが独自でチャーター機の運航を進めている。

イタリア韓人会は15日から17日まで、イタリア全土の韓国人を対象に、チャーター機の需要調査を行った。臨時便の運航案は、ソウル-ローマ路線を運航してきた大韓航空側が「商業的運航が可能なほどの人数(最低200人以上)が集まれば、特別機を運航できる」という方針を韓人会側に伝えたことで、可能性が高まった。大韓航空は、十分な需要がある場合は独自の判断によって航空便の運航可否や運航時の運賃などを決定する予定だ。

現在、イタリアから韓国行きの直行便は運航が中止されており、フランスのパリまたはドイツのフランクフルト経由で帰国することはできる。ただし、フランスやドイツなど欧州各国でCOVID-19が急速に広がり、移動中止措置が拡大しているため、航空便が大幅に縮小されたり、欠航する可能性も排除できないと伝えている。

関連記事

[ 2020年03月18日 08:37 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp