韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  リーマンショックのような金融危機は起きるか

リーマンショックのような金融危機は起きるか

新型コロナウイルスが米欧各地域に広がる中で、2月24日に始まった世界の金融市場の混乱に一段と拍車がかかっている。3月16日にはアメリカの主要株式指数は1日で約12%も暴落、1987年のブラックマンデー以来の大幅な下落率となった。3月に入ってからの株価指数が5%以上で上下しながら、1カ月も経たずに直近高値から一時は約30%も下落しており、2008年のリーマンショック後と同様の金融市場の大混乱が起きている。

アメリカでは、経済活動の大幅な落ち込みを示すデータはまだ見られない。しかし、新型コロナウイルスの感染や死者数がヨーロッパで大きく増え、アメリカでも同様の非常事態に至っている。感染拡大に歯止めをかけることが最優先されるため、広範囲な経済活動の抑制・自粛が3月から始まりつつあることを踏まえれば、アメリカ経済は4~6月に大幅なマイナス成長に失速すると予想される。新型コロナウイルスの拡大が、2009年以降11年余りにわたって続いたアメリカの景気拡大を終焉させ、ついに景気後退に入ったとみられる。

足元の世界株式市場の急落を踏まえれば、アメリカを含めて世界的な景気後退の到来は金融市場ではほぼ織り込まれたと言えるだろう。株式市場の急落に加えて、世界の債券市場でも極めて大きな価格変動率が観測されている。そして、3月11日頃からは安全資産であるアメリカ国債が売られて、長期金利が上昇している。これは、3月9日にアメリカの10年国債金利が一時0.3%前後と到底説明できない水準まで低下した反動が出ている側面がある。ただ、それに加えてアメリカ国債をキャッシュ化して流動性を確保する金融市場の動きが、3月11日以降に顕在化したとみられる。

スポンサードリンク
経済活動が大きく抑制される状況が続けば、企業の手元資金が不足していき、そして信用リスクの高まりに金融機関などが直面する。そういう状況に備え、銀行などは手元にキャッシュを増やすことが最優先になる。2008年のリーマンショック時のように、金融市場から流動性がほぼ枯渇した危機にはまだ至っていないが、同様の状況が起こり始めている。
https://news.livedoor.com/article/detail/17987440/

2020-03-19-k003.jpg

問題は新型コロナウイルスの感染拡大とそれに伴う経済活動の萎縮がどれくらいの期間になるのかという事だろう。また各国政府の財政政策は、ほとんどの先進国の中央銀行が政策金利をゼロ程度まで引き下げている。世界各国が経済の落ち込みに対し、十分な財政政策を発動すれば、起こりつつある景気後退は短期間で収束するが、十分な財政政策と言う部分が問題となる。

すでに、ほとんどの先進国の中央銀行が政策金利をゼロ程度まで引き下げており、流動性供給政策も協調して実現した。ただ、新型コロナウイルスによる経済活動の停滞そのものに歯止めをかける効果は限定的と言う見方が大半を占める。各国挙げての政策総動員にもかかわらず、世界的な株安が止まらない。コロナショックは銀行が痛む金融システム危機ではないものの、それゆえに金融緩和策が効きにくいというジレンマに陥っている。

関連記事

[ 2020年03月19日 09:55 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(1)
コロナショック(武漢ショック)が起きてるやないかい!!😱
[ 2020/03/19 13:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp