韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国、米国と最大の通貨スワップ…「ドル安全弁」 1932億+αに増えた

韓国、米国と最大の通貨スワップ…「ドル安全弁」 1932億+αに増えた

韓国銀行が19日、米連邦準備制度理事会(FRB)と通貨スワップを締結して、韓国の通貨スワップ締結国は二国間締結基準で計8カ国に増えた。韓国は米国以外に中国、マレーシア、オーストラリア、インドネシア、スイス、アラブ首長国連邦(UAE)、カナダと二国間通貨スワップを締結している。

米国と600億ドル(約6兆6400億円)規模の契約を締結したことを受け、韓国が結んだ通貨スワップのうち最大の規模になったが、今までで最も大きい契約は中国とのもので、560億ドル規模だった。韓中両国は世界金融危機直後の2009年に初めてウォン・人民元の通貨スワップ契約を結び、その後3回延長した。2017年10月の場合、高高度ミサイル防衛体系(THAAD)問題をめぐって中国と摩擦が起き、通貨スワップ延長が不発になるのではないかとの懸念もあったが、今年10月までの満期延長に成功した。

今年に入ってからはオーストラリア(約81億ドル)、マレーシア(約47億ドル)と契約を延長して満期を2023年2月までにのばした。二国間スワップとは別に地域内の多国間通貨スワップであるチェンマイ・イニシアチブ(CMIM)も締結中だ。東南アジア諸国連合(ASEAN)+3(韓日中)の13カ国が参加している。非常時には384億ドルを引き出すことができる。

スポンサードリンク
韓国が米国と通貨スワップを締結したのは2008年に続き2回目だ。当時の契約規模は300億ドルで今年の半分水準だった。2008年通貨スワップ契約は、世界金融危機の影響で国内の外国為替市場でドル流動性危機の懸念が高まったことを受けて締結された。締結当時、2009年4月30日までの6カ月間、一時的に適用される予定だったが、2009年2月4日6カ月延長したことに続き6月26日には3カ月さらに延長して2010年2月1日に終了した。今回の米国との締結期間は最小6カ月(今年9月19日)に決まった。
https://japanese.joins.com/JArticle/263891

2015-05-29-wa-2.jpg

韓国で経営危機に陥っている航空会社、観光関連企業、中小零細の飲食店などは、今日明日の資金確保が問題となっている。韓国政府は、11兆7000億ウォン規模の追加予算を編成した。また、韓国銀行(中央銀行)は3月16日に異例の臨時金融通貨委員会を開き、基準金利を0.5ポイント引き下げて0.75%にした。韓銀が臨時金融通貨委員会を開催するのはリーマンショック時の2008年10月以来。また、基準金利が0%台になるのは史上初となる。

韓国の産業界はまず警戒するのは、株安とウォン安の急速な進行となる。3月に入って外国人の韓国株売りが続いている。2月17日に2242ポイントだった総合株価指数は、3月18日は1672ポイントとなった。またウォン下落も尋常ではない。金融政策よりは、最大の経済政策は感染者拡大を防ぐことにある。 韓国では、こうした新型コロナとの戦いが続く中で、総選挙が行われる。4月15日の投開票だが、3月18日現在では、延期の動きはない。

関連記事

[ 2020年03月20日 09:04 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
短かぁ〜、3年にしてもらえ。
[ 2020/03/20 09:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp