韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  通貨スワップ効果で一息ついた韓国株式市場、外国人「セルコリア」は変わらず

通貨スワップ効果で一息ついた韓国株式市場、外国人「セルコリア」は変わらず

新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)に茫然自失した韓国金融市場の表情がようやく明るくなった。3低(株価・韓国ウォン・債券)から抜け出す雰囲気が表れた。連日の急落で1400台まで後退したKOSPI(韓国総合株価指数)は20日、前日終値比7.44%上昇して1500台を回復した。KOSDAQは9.2%上昇して467.75となった。KOSPIとKOSDAQの先物価格が急騰し、プログラムの買い呼び値の効果が一時的に停止するサイドカーが発動されたりもした。KOSPIで買い注文でサイドカーが発動されたのは2011年12月1日以来となる。KOSDAQは2018年2月8日以来。

債券市場でも外国人の現金化需要が落ちついた。ソウル債券市場で3年国債の利回りは前営業日比6.72%下落した年1.11%となった。韓国ウォンは前日比39.2ウォン値上がりした1ドル=1246.5ウォンで取引を終えた。19日の韓米間通貨スワップ締結合意を受け、ドル不足の懸念がやや弱まったのが好材料として作用した。NH投資証券のノ・ドンギル研究員は「19日には韓国ウォンが急落し、周辺国の株式市場と比較して下落幅が大きかった」とし「国内株式市場の方向性を決める主要変数は為替市場にまで拡大した」と話した。

通貨スワップとはそれぞれ異なる通貨をあらかじめ約定された為替レートで一定の時点に相互交換する外国為替取引をいう。韓国は9月19日まで米国と600億ドルを韓国ウォンと交換することができる。LG経済研究院のチョ・ヨンム研究委員は「有事の際、第2の外貨準備高の役割をする金額が増えたという点で、市場参加者の心理を安定させる効果がある」とし「締結された金額をすぐに使わないとしても、金融市場全般にプラスの影響を与えるはず」と述べた。

スポンサードリンク
通貨スワップとはそれぞれ異なる通貨をあらかじめ約定された為替レートで一定の時点に相互交換する外国為替取引をいう。韓国は9月19日まで米国と600億ドルを韓国ウォンと交換することができる。LG経済研究院のチョ・ヨンム研究委員は「有事の際、第2の外貨準備高の役割をする金額が増えたという点で、市場参加者の心理を安定させる効果がある」とし「締結された金額をすぐに使わないとしても、金融市場全般にプラスの影響を与えるはず」と述べた。
https://japanese.joins.com/JArticle/263937

韓国ウォンは前日比39.2ウォン値上がりした1ドル=1246.5ウォンで取引を終えたというが、危険水域が1200ウォンであるから、米国の貸し出した600億ドル程度では、そのレベルでしかないという意味だ。また韓国の外貨準備高は流動性の高い資金は少ない。大半が不良債権と考えれば心もとないのも事実。また中国とてスワップ発動してくれるかどうかは不明だ、自国で精一杯である。

海外投資家がどれほどのウォンを売ったかは、韓国市場では計算ができているだろうから、米国の600億ドルでは、自国の外貨準備高と合わせても、10兆円に満たないわけで、すでに売られたウォン量には遠く及ばないだろう。従ってウォン安の危険水域レベルの1200ウォンに戻るのが限界と考えれば、まだこれからウォンが売られるわけで、尋常ではないのでは。

さらに重要なのは、韓国政府の外責は、20兆円前後の借金が毎年増えてゆくという事だ。家計債務の増加のみならず、自国政府の借金が20兆円レベルで毎年増加するのでは、対応そのものが無理となる。そもそも東京都並の国家予算の時には、税収に余裕があった韓国だが、いつしか日本への対抗心もあるのだろうか、国家予算が日本の半分近い値で、国防費も莫大である。税収は国家予算の半分程度でしかない。海外投資家で成り立つ国であるから、日本の様に国債で対応できる国ではないのだが。

関連記事

[ 2020年03月22日 08:59 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp