韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国ウォン暴落!危険水域を突破 米に泣きつきスワップ再開も…3度目の“通貨危機”に現実味

韓国ウォン暴落!危険水域を突破 米に泣きつきスワップ再開も…3度目の“通貨危機”に現実味

新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに韓国の通貨ウォンが売られ、「1ドル=1200ウォン」の危険水域を突破している。文在寅(ムン・ジェイン)政権は米国に懇願して「通貨交換(スワップ)協定」をなんとか再開してもらったが、資金流出によるドル不足も生じており、3度目の通貨危機の懸念は払拭できない。

米連邦準備制度理事会(FRB)は19日、韓国銀行など9つの中央銀行と臨時通貨スワップで合意した。最大600億ドル(約6兆6000億円)のドル資金を供給する。 韓国はリーマン・ショック直後の2008年10月の通貨危機でも米国との通貨スワップで救済された。協定は10年2月に終了しており、対米スワップ再開に必死だった。 20日の朝鮮日報(日本語電子版)によると、洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相がムニューシン米財務長官に自筆の手紙を送り、韓銀の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁もFRBのパウエル議長に直談判したという。

スワップ再開決定を受けて、対ドルで一時、1290ウォン台と約10年ぶりの安値だったウォンは、20日時点で1240ドル台とひとまず反発した。 だが、これで安心はできないというのが韓国の本音だ。中央日報(同)は社説で「市場の恐怖が収まらない限りドルの需要は増え、不安が続く可能性が高い」とした。

スポンサードリンク
 「1500ウォンまでウォン安が進む可能性がある」と指摘するのは週刊東洋経済元編集長の勝又壽良氏。これはリーマン・ショックや1997年の通貨危機の水準だ。勝又氏は「各国が入国制限や経済活動の自粛を進めており、輸出が一段と落ち込むのは確実だ。経常収支が赤字に転落すれば海外の投資家が資金を引き揚げる動きも強まる」と解説する。
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/200321/for2003210005-n1.html

2020-03-09-k003.jpg

そもそも韓国は国の大きさからすれば、大きなドルを動かすわけで、韓国貿易はドル量の偏りを起こすとも言われている。世界経済の低迷とともに、ドルの偏りとウォン下落とで、通貨危機を起こしやすい体質となっているのも事実。ウォン量を正確に把握しつつ為替介入できなければ、世界の通貨に対して小さいウォン量であるから、対応に失敗すればウォンは大きく下落する。

なので、韓国政府の為替介入とは言え、上図を見ればわかる通り、少しづつ実施するしか方法は無い。結果として1ドル1000ウォンを超えるようなウォン高にはなっていないわけで、このレベルが為替介入の限界となる。だが世界経済の低迷と、自国企業の技術限界点で、貿易量としては中国経由で米国に輸出する額は大きいわけで、韓国の大きさで動かすドルの量は莫大である。

世界経済の低迷周期に、自国経済の限界で成長戦略が無理となれば、ドルの流動性が鈍化し、通常の流れが止まるわけで、逆にウォンが売られて、世界では安全なドルが買われるわけで、ウォンとドルの受けるダメージは、通貨量が大きく違うので、通貨量が小さいウォンの変化量は当然大きくなる。

中央日報の記事と私のコメントで通貨スワップと言う言葉において、為替スワップとの指摘がコメントでありましたので、下記に説明書きを掲載します。

通貨スワップ協定とは、各国の中央銀行が互いに協定を結び、自国の通貨危機の際、自国通貨の預入や債券の担保等と引き換えに一定のレートで協定相手国の通貨を融通しあうことを定める協定。

為替スワップとは、為替取引の一種。たとえば、通貨A(例:円)を担保に入れて通貨B(例:ドル)を借り、一定期間後に通貨Bを返すような為替取引


現在、通貨の下落が大きかった新興市場諸国通貨などは買い戻されており、たとえば、1ドル=1290ウォンの大台を超えた韓国ウォンについては、1250ウォン台に戻している状況。これは5つの中銀が締結している「為替スワップ」で、民間金融機関に対するドル資金の供給補填となり、いわゆる「通貨スワップ」では無いが、それでもドル不足に悩む金融機関にとっては、非常に強力な流動性供給手段となる。

関連記事

[ 2020年03月22日 09:22 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp