韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  東京五輪、1年延期で合意

東京五輪、1年延期で合意

7月開幕予定だった東京五輪が1年ほど延期される。日本の安倍晋三首相は24日、トーマス・バッハ国際オリンピック委員会(IOC)会長との電話会談で、「双方が東京オリンピック・パラリンピックを1年程度延期することで合意した」と明らかにした。同日の電話会談は現地時間の午後8時から約45分間行われた。

安倍首相は自ら先にバッハ会長に1年延期を検討してほしいと提案し、これにバッハ会長は「100%同意する」と答えたという。遅くとも来年の夏には東京五輪を開催することで合意し、東京五輪の開催中止は考慮していないと強調した。安倍首相は延期の理由について、「最近の新型コロナウイルス感染拡大傾向を見ると、今年の大会開催は事実上、困難だと判断した」と説明した。五輪はこれまで1916年、1940年、1944年に夏季五輪が中止されている。

中止ではなく、延期されたのは今回が初めてだ。日本に到着し、26日から日本全域を回る予定だった聖火リレーも中止された。IOCも会談直後に声明を出し、合意したことを正式発表した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/03/25/2020032580003.html

スポンサードリンク
2020-03-25-k003.jpg

東京オリンピック・パラリンピックをめぐり、安倍総理大臣は、IOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長と電話会談し、1年程度の延期を提案したのに対し、バッハ会長は、全面的に同意する意向を示し、遅くとも来年夏までに開催することで合意した。安倍首相は、24日夜8時から、およそ45分間、総理大臣公邸で、IOCのバッハ会長と電話会談を行い、大会組織委員会の森会長や東京都の小池知事、橋本担当大臣らも同席した。

会談で、安倍総理大臣とバッハ会長は、選手や各国の競技団体などの意向を踏まえ、東京オリンピック・パラリンピックの中止はないということを確認している。会談のあと、安倍総理大臣は記者団に対し「今後、人類が新型コロナウイルス感染症に打ち勝った証しとして完全な形で東京大会を開催するためにバッハ会長と緊密に連携していくことで一致したと述べている。1896年アテネ大会から始まった近代五輪が、夏季冬季を通じて開催年を延期するのは史上初めてとなる。

五輪は世界最大のスポーツイベント。戦争以外による初の大会中止は回避されたが、疫病による日程変更という未曽有の事態となった。開催日程の全面的な変更や競技会場の確保、スポンサーの継続可否など多くの課題があり、延期開催の手続きは容易ではないと伝えている。

関連記事

[ 2020年03月25日 08:58 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp