韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  日本、韓国発入国制限4月末まで延長…韓国外交部「遺憾、解除を促す」

日本、韓国発入国制限4月末まで延長…韓国外交部「遺憾、解除を促す」

韓国政府が日本が韓国発入国制限措置を来月まで延長することにしたことを受け、遺憾を表明して早急な入国制限の解除を促すと明らかにした。

韓国外交部は「最近、韓国内新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の新規感染者数が着実な減少傾向を見せるなど、韓国の防疫措置の成果が明確になっている中で日本政府が入国制限措置を1カ月間延長したことに対して遺憾」とし「外交ルートを通じて遺憾の意向を伝えた」と27日、明らかにした。また「韓国政府は新型肺炎の拡散を防ぐための領域内協力と別のもので、日本の入国制限措置の早急な解除を日本政府に持続的に促していくだろう」と付け加えた。

安倍晋三首相は26日、政府対策本部の会合で中国と韓国に対する検疫強化とビザ制限を4月末まで延長すると発表した。日本政府は5日▼韓国・中国駐在大使館が発給したビザの無効化▼韓国・香港・マカオ人のビザなし入国の中断▼韓国・中国発入国者に対する「2週間待機(隔離)」の施行方針を明らかにした。
https://japanese.joins.com/JArticle/264189

スポンサードリンク
2020-03-02-k003.jpg

相変わらずの韓国外交部である。この状態で「遺憾、解除を促す」では事態の重さをまるで感じていない。今の韓国政府は新型コロナウイルス感染検査数が多い事を自慢するだけでしかない。世界で協力するという姿勢では無い。韓国政府の自慢話に付き合っているほど日本政府は暇ではない。

新興国では、ウイルス感染検査のできる病院数、或いは、医師、看護師、新型ウイルス検査キットを含めて、医療物資が大きく不足している状態だ。インドネシアはパニック状態である。インドネシアのジャワ中部まで、家の外のみだが、昨日消毒しにきたと友人から連絡があった。70%アルコールで、室内の手で触る部分を拭かないと意味がない事を話し、ドアノブやらトイレ等のふき取りや、イスラム教徒の集まりなどが危険であることや、5月は断食の月になるので、十分注意するように伝えた。

友人の地域では、死者が出たようで、感染経路など定かでは無く、丸ごと消毒とはいえ、シッカリした対応は出来ていないようである。インドネシアは政府や医師に看護師まで感染して死者も出ているわけで、パニック状態になっている。昨夜のG20 TV会議では、韓l国文大統領からの支援物資などの話は出ていないようだ。この時期、この状態でも日本を卑劣に扱う連中である。関わりたくはない国のレッテルは強くなるばかりである。
[ 2020年03月27日 15:58 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
韓国も入国拒否でいいよ
日本も帰国者によるCOVID-19の感染拡大が顕著に成って来た。
欧米からの入国拒否のみでなく、韓国からの入国も拒否すべきだ。
[ 2020/03/28 03:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp