韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  コロナウイルス、スマホの液晶で最大9日間生存

コロナウイルス、スマホの液晶で最大9日間生存

新型コロナウイルス感染症(コロナ19)を引き起こすウイルスが、スマートフォンの液晶の表面で最大9日日間生存できるという研究結果が出た。これにより、大勢の人が使用しているスマートフォンが潜在的な感染ルートになりかねない、という懸念が強まっている。

英国日刊紙『デーリー・メール』は今月3日(現地時間)、「人から人への感染についての認識は十分に共有されたが、スマートフォンの液晶を通した感染の可能性について心配する人は多くない」として、このような内容を報じた。 同紙は、ドイツの感染学の専門教授4人が国際学術誌に最近寄稿した論文を引用し、「携帯電話の液晶を作る際によく用いられるプラスチック、ガラスといったものの表面で、ウイルスは最大9日間生存できる」と伝えた。

市場調査機関Dscoutの調査の結果、現代人は携帯電話を一日平均2600回手に持ち、およそ76回使用している。接触頻度が非常に多いだけに、ウイルスが付く確率も高い、というのが専門家らの意見だ。 英国サウサンプトン大学のウィリアム・キービル環境保健学教授は「手を洗っても、また携帯電話の液晶に触れ、その手を顔に当てたら感染の潜在的ルートになりそうだ」と語った。また、カナダのウォータールー大学のピーター・ホール教授は、スマートフォンの液晶は「培養皿」と似たようなものだとして、液晶を一日に二度拭くよう勧めた。

スポンサードリンク
iPhoneのメーカーのアップルは、スマートフォンをきちんと拭くためリントフリーの布に石鹸水を付けて拭くことを勧めたが、専門家らは、それよりもアルコールを染ませた脱脂綿を使用するのがよいやり方だと説明した。 研究陣は「62-71%のエタノールと0.5%のオキシドールまたは0.1%の次亜塩素酸ナトリウムで、1分以内に効率よくウイルスを非活性化することができる」と伝えた。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/03/27/2020032780314.html

2020-03-19-k007.jpg

COVID-19が流行する中、ものの表面に触ることへの恐怖も広がっている。ドアをひじで開けようとしたり、電車内で手すりにつかまらないようにしたり、オフィスで自分の机を毎朝拭いたりと、こうした光景が世界中の公共スペースで当たり前のものになった。インフルエンザなど呼吸器疾患の原因になる他のウイルスと同様、COVID-19のウイルスも患者のせきで飛び散る飛まつから感染する。1度のせきで最大3000個の飛まつが飛ぶという。

この飛まつは他の人や服、周囲のものの表面などに落ちるほか、空気中にもとどまる。また、ふん便にも長くとどまることが確認されているため、トイレの後に徹底的に手を洗わない人は、その後に触るものすべてを汚染する可能性があるという。SARS-CoV-2(COVID-19を引き起こしている新型ウイルスの正式名称)が人間の体外でどれくらい生きられるのか。これも、まだ明らかになっていない。

研究によると、重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)といった他のコロナウイルスは、正しく消毒しないと、金属やガラス、プラスチックの上で最長9日間生きられる。一部のウイルスは、低温状態で最長28日間生きられるという。医学雑誌「New England Journal of Medicine」に掲載された研究結果によると、せきの飛まつで空中拡散した新型ウイルスは、最長で3時間生存できるとしている。

関連記事

[ 2020年03月28日 09:02 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp