韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  中国も入国禁止、門戸を開けっ放しの韓国政府は国民に「責任問う」

中国も入国禁止、門戸を開けっ放しの韓国政府は国民に「責任問う」

大韓感染学会の理事長が26日「今からでも外国人の入国を禁止してほしい。自国民の治療だけでも大変で、医療陣も疲れている」と政府に求めた。さらに「外国人が治療を受けるためわざと韓国に来ているそうだ」とも指摘した。政府が「感染源遮断」という防疫の第一原則を度外視し、国民の税金で外国人に治療費や宿泊費まで提供しているため、医療現場からこのような訴えが出ているのだ。

感染学会はコロナ事態初期の2月2日「中国湖北省の制限だけでは足りない。危険地域からの入国制限が必要だ」と勧告していた。その後、大韓医師協会も同じ要求を何度も行ったが、政府はそのたびに「韓国人が中国で感染源になって入国している」「われわれが措置を取れば、相互主義が作動する」として拒否した。話にならない説明だった。

ところが韓国政府は今回も譲らなかった。丁世均(チョン・セギュン)首相は「海外から流入する患者の90%が韓国国民であり、入国禁止といった極端な措置は制約が伴う」と述べた。外国人の入国を止めるのになぜ韓国国民のことを言うのか。現在170以上の国が韓国人の入国を制限している。外国人のトランスファーやトランジットさえ禁止する国もある。世界のほぼ全ての国がやっていることを韓国だけが「極端な措置」と言っているのだ。

スポンサードリンク
その理由は一つしかない。今外国人の入国を禁止すれば、最初に中国からの入国を禁止しなかったミスが明らかになることを恐れ片意地をはっているのだ。しかし中国さえ28日から外国人の入国禁止を発表した。韓国政府は日本が韓国・中国に対して同じ措置を発表した際「底意が疑われる」「非科学的・非友好的」として反発したが、中国に対しては「韓国ではなく全世界に向けたもの」と的外れなことばかり言っている。防疫の原則も失われ、主権国家と言うのが恥ずかしいほど外交の原則も失踪した。今からでも一時的に外国人の入国遮断に乗り出すべきだ。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/03/28/2020032880005.html

2020-03-17-k001.jpg

今の韓国政府は新型コロナウイルス感染数の多さだけしか自慢が無い。これで入国禁止或いは制限をすれば、入国制限しなくても検査数が上回って終息させた国にするのができなくなるだけでなく、今文大統領にきている医療支援要請も無駄になる。そもそもの考え方が違うわけで、自国民を考慮した動きではない。まして中国に寄り添った韓国が、中国の入国禁止や制限をもうければ、終息した後の中国側の対応が恐ろしい。

一方の中国は韓国は入国禁止処置である。韓国政府の動きは、自国民最優先ではなく、中国ありきでの動きでしかない。これで自国内は感染拡大しているわけで、それでも感染数を世界に公表し、新興国や米国から医療支援を受けている状態にある。よほど自信があるのだろうという事で、他国の首脳は韓国に医療支援を要求する。自国民の方向を見ていない文政権であるから、自己都合も甚だしい。それでも支持率は上昇している文大統領である。如何に戦争経験者とその関連者は異常かが良くわかる、

こんな国では、若者は韓国を出るしかない。その若者も、マスク無しで夜のクラブで騒いでは、高齢者に新型コロナウイルスを感染させている様では、これまた困りごとであるが。

関連記事

[ 2020年03月28日 15:31 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp