韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  「BCGワクチン」が新型コロナ予防に効果? 海外で治験開始も期待しすぎは禁物

「BCGワクチン」が新型コロナ予防に効果? 海外で治験開始も期待しすぎは禁物

新型コロナウイルスのワクチン開発に世界各国がしのぎを削るなか、結核を予防する「BCGワクチン」の新型コロナウイルスへの予防効果を見る治験が始まることが「サイエンス」(電子版)のニュース記事に登場し、注目されている。別にオーストラリアの研究所も臨床治験の開始を発表した。日本ではBCGの定期接種が行われているが、これは人類の希望となるのか? 京都大大学院医学研究科の医師でジャーナリストの村中璃子氏が緊急寄稿した。

一般にワクチンは、麻疹ワクチンであれば麻疹を、インフルエンザワクチンであればインフルエンザをというように、特定の病原体に対する1対1の予防効果を示す。 しかし、あるデンマーク人の研究者グループが2015年、「BCGワクチンは細菌の感染症である結核を予防するだけでなく、免疫システム全体を強化し、ウイルス一般への感染や重症化を予防する効果がある」とする論文を発表した。

BCGは20世紀初頭に開発され、今日まで世界で使われてきた古典的ワクチンだ。 ただ、結核の感染や重症化の予防効果は60%程度と決して高くはない。そのため、日本では生後1歳までの間に接種が推奨されているが、米国をはじめBCGを定期接種としていない国も多い。

スポンサードリンク
「人と人との距離を取る」「手を洗う」など、世界はまだ、ごく基本的な対策でしか新型コロナウイルスと闘うことができないという現状のなか、すでに安全性が確認され、安価に大量生産できるBCGワクチンに寄せる期待は大きい。 しかし、BCGには、新型コロナウイルスはおろかウイルス全般の活動を抑える、確たる証拠もまだ得られていない。期待し過ぎは禁物だ。
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/200329/dom2003290004-n1.html

2020-03-24-k003.jpg

BCGはWHOの予防接種拡大計画(EPI)にも組み込まれ,さらに70年代からは開発途上国の一部で自給自足できる国々も出現するに 至っては,途上国で毎年生まれる1億3000万人の子どもたちの90%以上が,1歳の誕生日までに接種を受けていると言われている。 BCG接種の有効性についての無作為対照試験によると,BCGは子どもの結核の特徴である血行性に散布した胸膜炎,粟粒結核などの重症 結核をよく防御することが知られているが,過去に行われた野外試験の多重解析では,BCGワクチン接種は成人 に対する肺結核発病を予防する効果は完全ではないことも明らかとなったとも言われている。

定期的にBCGワクチン接種している国でも新型コロナウイルス感染が拡大しているわけで、期待するのは難しいのでは。現状治療して治っている人もいるわけで、軽症の人の治療と重症の人の治療で効果がある治療方法を集めれば共通点が見えてくるのではとも考えるが。大半の人は回復しているわけで、単に持病のある人たちだけが重症化しているのか、整理する必要がある。回復している人がいるという事実から何か見いだせないのだろうか。

関連記事

[ 2020年03月29日 11:58 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp