韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  うその「ゲームスペック」が火を付けた憤怒

うその「ゲームスペック」が火を付けた憤怒

正義党の比例代表公認候補決定に若者たちは激しく怒った。ゲームを楽しむ若者ほど、怒りは激しい。今回の総選挙で正義党の比例代表名簿順位1位の座をつかんだリュ・ホジョン氏のせいだ。若者層が多く利用するインターネットコミュニティーでは、リュ氏の過去を批判する書き込みに数百件ずつ「推薦(いいね)」が押され、リュ氏が運営するユーチューブチャンネルにも激しい批判の書き込みが相次いだ。

リュ氏はオンラインゲーム「LoL(リーグ・オブ・レジェンド)」の「BJ(インターネット放送の進行役)」出身だ。このゲームは、昨年末に行われた世界大会の決勝で最高同時視聴者数が4400万人に達するほど人気が高い。女性BJはたびたび「女cam」という見下した表現で呼ばれることもある。実際に女性はゲーム界で長きにわたり、男性を当てにする客寄せパンダにすぎなかった。梨花女子大eスポーツ同好会で活動し、有名になったリュ氏は、こうした差別を打開しようと労働運動に尽力したとの評価を受けており、今や国会議員の座を狙っている。

しかし、その名声には致命的な欠陥がある。リュ氏は2014年「代理ゲーム(ゲームの代理プレイ)」を知人に任せ、ランクを上げて摘発されたことがある。女性ゲーマーとして名声を博していた頃、交際していた男性などに自分のIDを貸し、実際の実力より高いランクを達成していた。さらにリュ氏はこの騒動が発生する数か月前、ゲーム専門メディアのインタビューで「男子学生には『女子学生はゲームができない』という偏見があるようだ。女性が(ランクに比べて)ほんの少し下手でも『代理ゲーム(でランクを上げてもらった)』と断定してくる」とも話した。うそと偽善の連続だった。

スポンサードリンク
リュ氏は当時、この事実が明るみに出ると、謝罪文をインターネットの掲示板に掲載し「直ちに同好会の会長を退く」と明らかにした。ゲーマーの大多数は誠意を感じられなかった。謝罪文を掲載した2か月後、同好会の会長だと言って、あるメディアのインタビューを受け、その後も自身の高いゲームランクを履歴書に書いてゲーム会社に就職し、インターネット放送を担当するなどゲーム界での活動を続けた。リュ氏は今月13日、「誤った判断によって実力に遭わないランクを手にした過去の日々が恥ずかしく、練習して後に高いランクを獲得した」として「履歴書に書いたランクは実際の私のランク」と釈明した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/03/27/2020032780150.html

2020-03-30-k001.jpg

韓国人の特徴として、例えば今、黒い砂漠モバイルが大ヒットしている。私のお気に入りゲームでもあるが、韓国人は何かと順位を気にする。運営は韓国企業で、さすがに日増しに強さだけを追い求める対応に次第に飽きてきた感がある。日本ではドラゴンボールや北斗の拳などの名作があるだけに、単に強さだけでなく、愛や友情を取り入れて強くなるという部分に大きくかける。せっかくの画質の素晴らしい良いゲームも単に戦闘力争いと化すのでは、やはり韓国と言いたくなる。ストーリーを重要視してほしいものである。

特に韓国サーバーでは強さのみと言う部分が多分にある。まるで政局と社会の状況とよく似ている。日本にすぐ対抗意識が出るのも、若い運営者でもやはり同様だ。せっかくの素晴らしい画質の出来も、コンテンツが次第に荒れてくる。最初は良いが後に駄目になるというお決まりのパターンとなる。むしろ重要なのは愛と友情と言う陰で支える強い協力と言う心が無いのでは、たとえゲームとはいえ穏やかではない。

関連記事

[ 2020年03月30日 09:01 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp