韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  新型コロナ感染者が急減しているかのように…青瓦台がグラフを歪曲

新型コロナ感染者が急減しているかのように…青瓦台がグラフを歪曲

青瓦台公式ホームページの「新型コロナウイルス感染症現況」にまたグラフ操作問題が降ってわいた。日付を表す横軸を任意に調整し、状況を歪曲(わいきょく)したというものだ。政府が政治的宣伝のためにグラフを歪曲した事例は数回繰り返されており、常習的との批判まで出ている。

青瓦台は10日からホームページに国内の新型コロナウイルス日別感染者/完治者の推移をグラフで示している。このグラフによると、2月末以降、日別感染者数は急激に減り、日別完治者数は緩やかに増えているように見える。 ところが、グラフの横軸の間隔がおかしかった。今月27日時点のグラフは新規感染者が最も多かった2月29日(916人)を開始点に、3月4日(4日間隔)、7日(3日間隔)、9日(2日間隔)、 14日(5日間隔)の感染者数をグラフにしていた。日付の間隔がまちまちなのに、グラフは間隔が一定のように描かれている。この過程で、3月3日、6日、11日など、前日に比べて新規感染者数が増えた日はすべて外されていた。

27日にグラフの問題点を指摘する報道が出た直後、青瓦台は横軸の日付間隔をある程度一定になるよう修正した。だが、グラフの開始点である2月29日だけは外さなかった。感染者数が最も多かった日を開始点にしてこそ、感染者数の減少を強調できるということを狙ったのだ。延世大学統計学科キム・スクキョン教授は「今回の横軸のグラフ表示は操作に当たる」と語った。

スポンサードリンク
青瓦台が10日に初めて状況掲示板を作成した時から歪曲だとの議論はあった。感染者は「新規感染者数」のみを表示して減っていることを示しながら、完治者は「累積完治者数」を表示して急激に増えているようにグラフを描いている。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/03/30/2020033080003.html

2020-02-26-k006.jpg

韓国では、新型コロナウイルスの新たな感染者の数が、4日連続で前の日を下回り、政府は「ウイルス拡散の勢いは停滞していると評価できる」と説明している。一方で、ソウルでは新たに60人以上の集団感染が確認され、引き続き警戒を呼びかけた。韓国政府によると、新型コロナウイルスの感染者は、今月5日には1日で新たに518人が確認されたが、その後、新たな感染者の数は減り続け、9日、感染が確認されたのは131人にとどまったとした。

韓国政府は、10日の会見で「拡散の勢いは停滞していると評価できる」と説明し、その理由として、南部のテグ(大邱)にある教会で集団感染が発生した新興宗教団体の信者たちの検査がほぼ終わったことなどを挙げた。つまり検査数が上回った事が韓国政府の評価であり世界にそれを拡散し、米国や新興国に医療検査キットを援助するよう仕向けているというのが大方の見方だ。

現実はそれほど単純ではない。海外からの人材を受け入れているわけで、しかも受け入れた海外からの人材の感染拡大は深刻だ。さらに大小の団体の感染が拡大を加速しており、検査キットの精度も正確とは言い難いわけで、検査数と言う行為を政治利用しているのが韓国政府であるから、感染が拡大しても、検査数の多さを伝えている。今の韓国はまだまだ危険である。日本も同様であり、感染元となる中国とて、隠蔽した数値ならべとなっている。

関連記事

[ 2020年03月30日 09:20 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp