韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国、数百億ドル調達可能…通貨スワップに続いて「ドル安全網」構築

韓国、数百億ドル調達可能…通貨スワップに続いて「ドル安全網」構築

韓国銀行(韓銀)が米連邦準備制度理事会(FRB)と締結した通貨スワップに続いてドル調達チャンネルをまた開設する。FRBに買い戻し条件付き債券(RP:レポ)を売却する条件でドルの供給を受ける。韓銀は数百億ドルを追加で調達することが可能になった。

FRBは31日、緊急声明を出し、各国中央銀行の流動性を供給するための臨時レポ機構(FIMA Repo Facility)を設立すると発表した。この機構を通じて各国のRPを買い入れる形で各国中央銀行にドルを供給する予定だ。RP買い入れは、韓銀など各国中央銀行が保有する米国債をFRBに担保として預ければFRBは韓銀などの中央銀行にドルを貸す方式で進行される。韓国は現在1211億ドル規模の米国債を保有している。これを担保にする場合、韓銀は数百億ドルほどを調達できる。今回の措置はトルコ、インド、インドネシアなどドル流動性に問題が発生した新興国が主な対象だ。しかし韓国も万が一の場合に対応できるだけに、調達市場に少なからず好材料として作用する見込みだ。

金融機関の関係者は「各国中央銀行は最近、ドル流動性を調達するために米国債を次々と売却している」とし「米国債を売却して米市場の金利が上昇しているため、こうした金利上昇を防ぐためにRP買い入れに動き出した」と分析した。

スポンサードリンク
韓銀は19日、FRBと600億ドル規模の通貨スワップ契約を結んだ。その後続措置として31日に国内の金融機関を対象に外貨貸出入札を実施し、落札された金額の87億2000万ドルをFRBから引き出して2日に金融機関に貸し出すことにした。外貨貸出は7日満期と84日満期に分けて行う予定だ。韓銀は国内銀行・企業の外貨資金事情などを考慮して追加入札も検討する方針という。外貨貸出入札に参加できる金融機関は銀行法で規定した銀行と国策銀行の産業銀行、輸出入銀行、企業銀行など。韓銀はドルを市中に幅広く分配するため金融機関別に応札金額を満期別に3億ドル(7日満期貸出)、15億ドル(84日満期貸出)に決めた。韓銀はこの通貨スワップ資金を先に活用した後、ドル流動性が不足する場合、臨時レポ機構にRPを売却する方式を活用する計画だ。
https://japanese.joins.com/JArticle/264336

2020-03-30-k002.jpg

米国が韓国と交わしたのは、民間金融機関の外貨流動性不足に対応するためのドル資金の貸し出しであるから、企業倒産防衛でしかない。ドル流動性が目的であるから、製造から米国輸出までのドル決済において融通したという事である。ただ問題は企業技術も低迷で、そもそも売れないのに600億ドルの貸し出しと言うのは、額が多いわけで、分割して利用することになるが、企業の業績低迷が回復するわけではない。

企業の低迷はあくまで成長戦略であり、それが機能しての輸出におけるドル決済の補てんが、今回のドル貸し出しであるから、売れない企業への利益補てんではない。従って韓国経済が良くなるわけではないので、勘違いしない事である。もっともドルを外貨準備に転用すれば別だが、ルール無用の韓国と言えども当然禁止されているわけで、為替のドルに対するウォン下落を解消するには至らない。

関連記事

[ 2020年04月01日 08:20 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
外貨準備
韓国って外貨準備は問題ないと言ってなかった?
[ 2020/04/01 08:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp