韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  「全員検査せよ!」“煽りワイドショー”などへの対抗策 非常時はNHK-BSを「政府専用チャンネル」に

「全員検査せよ!」“煽りワイドショー”などへの対抗策 非常時はNHK-BSを「政府専用チャンネル」に

検査? 一体何のことかとテレビ画面を見ると、声の主は、テレビ朝日の社員コメンテーター、玉川徹氏であった。同局朝の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」(1日)での一幕だ。 玉川氏の発言の最後に出てきた「検査」とは、先月来、氏がご執心の新型コロナウイルスのPCR検査のことである。

2月以降、「モーニングショー」で連日繰り広げられた「PCR検査しろ、しろ」攻撃はすさまじかった。 「なぜ、日本は希望者全員にPCR検査をやらないのか」「国は感染者数を低く抑えたい、実態を隠したい意図でもあるのではないか」 1カ月以上、玉川氏はこう訴え続けた。氏がテレビ朝日の社員であることを考えると、この「とにかく全員を検査しろ」が、同局の社論なのかとも思われる。 スタジオには玉川氏の援軍も陣取っていた。例えば、ジャーナリストの青木理氏や、一部の「専門家」らも声をそろえて、「検査」「検査」と煽りに煽ったのだ。

ちなみに、作家の百田尚樹氏が代表理事、米カリフォルニア州弁護士のケント・ギルバート氏、経済評論家の上念司氏と筆者が理事を務める一般社団法人「放送法遵守を求める視聴者の会」(東京都港区)の調査では、モーニングショーの「PCR検査」報道の放送時間配分は次のとおりである。

スポンサードリンク
3月16~20日の「モーニングショー」での新型コロナウイルス関連話題の全放送時間のうち、実に39%が「全員検査せよ」という主張に割かれていた。これに対して、「全員検査に反対」という主張の放送時間はわずか8%に過ぎない。 これを放送法(第4条)に照らして、政治的公平性が担保されていない、偏向報道の疑いあり、と物言いを付けると、いや「全員PCR検査」は政治的意見とは言えないとの反論があるだろう。 だが、さにあらず。こうしたワイドショー的「国民の気持ちの代弁」こそが、特定の政治的意見を巧みに視聴者に刷り込む典型的手法の1つだ。そして、今回の件もまた、趣旨は同番組お得意の政権批判への誘導と思わざるを得ない。
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/200403/dom2004030004-n1.html

2020-02-29-k001.jpg

東京オリンピックの重要な年に、新型コロナウイルス感染とは言え、その時にはこれほどの状態を想像していなかっただろう。当然検査数の少ない日本では、感染数は少なくでる。 ただ死亡すれば別で、亡くなった人の状態は確認するだろうから、死亡率は異常に高くなるはずと思われる。がいかし、韓国メディアも指摘して大騒ぎだが、日本政府としては少なく穏便に済ませたい意図が見え隠れしたのは事実だろう。

ところが急激に世界に広がり、挙句に日本の東京で加速的に広がった事で、日本政府とて身動きが取れなくなったという事だろう。東京オリンピックを一年延ばした後に急激に感染者数が増加する数値と言うのも不自然である。とは言え現段階では、異常事態であるかから、危険な状態の人は検査すべきだろうし、あまりに高い検査費用は、政府が考慮し無料診断できるようにするべき。

一方で安倍首相のマスク二枚を全国民に配布するというのも情けないわけで、もっと重要な事があるだろう、勿論マスクも重要だが、大半の人は購入できる。Amazonで確認しても法外な金額ではないし数もまだある。 8割は中国からの輸入とは言え、日本企業も24時間稼働で生産しているわけで、いずれマスク生産は追いつくだろう。

関連記事

[ 2020年04月03日 10:00 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp