韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国で新型コロナの“再感染”が続出…完治後も隔離措置が必要不可欠か

韓国で新型コロナの“再感染”が続出…完治後も隔離措置が必要不可欠か

韓国で新型コロナウイルスの完治者が、再び感染者となる事例が続出している。再び感染した人を完治者として扱った場合、集団感染などのリスクが高まるため、監視強化の必要性が高まっている。これまで慶尚北道では、感染者が完治の判定を受けると、すぐに病院や生活治療センターから退院することを奨励してきた。しかし彼らが再び感染する事例が発生していることから、追加の隔離期間が必要との声が高まっている。

特に患者の大半が高齢者である特別養護老人ホームで集団感染が発生した場合、死亡者が発生する確率が急激に上昇するため、対応措置が必要不可欠だ。実際に特別養護老人ホームでの全数検査が実施された大邱(テグ)地域では、陽性反応が出た高齢者の死亡が相次いでいる。4月6日、慶尚北道によると、ポンファ・プルン特別養護老人ホームで7人など、道内で完治したとされた17人が再び陽性判定を受けた。

集団感染した同老人ホームで生活し、3月19日に感染したAさん(92)は、アンドン医療院で治療を受けて10日後に完治判定を受け、特別養護老人ホームに戻った。他の入居者Bさん(85)も感染から10日後に完治し、老人ホームに戻った。別の入居者1人も完治後すぐに、残りの1人は完治後に自宅で4日間過ごし、老人ホームに入った。

スポンサードリンク
同老人ホームのスタッフ3人も3月20~26日の間に完治し、その後、通常通り出勤した。しかし彼らの一部が再び軽いコロナの症状を示したことで、4月3日、全数検査が実施された。すると再び陽性反応が出た。関係者は「医療院などで完治判定が出てもすぐに退院させず、2週間程度は状況を見守ってから隔離解除するよう、慶尚北道に提案した」と述べた。
https://news.livedoor.com/article/detail/18081836/

2014-02-01-wa-1.jpg

韓国では検査数増加で、当然合否判定も早くなり、無症状感染や、完治したと報じても、体内にウイルスが残っている状態であるから、体力低下があれば再び感染することになる。朝日新聞は韓国の検査数の多さを評価している。確かに日本の検査数は少ないのも事実。だが韓国は原因となる感染国からの入国を止めずに、検査数を増やして対応する処置であるから手に負えるはずもない。朝日新聞は日本メディアとしては、韓国よりの記事を報じるが、日本には必要なメディアである。

挙句に新興国を含めWHOまで韓国を評価している様では、世界はまた韓国に騙されることになる。検査数を増やし、精度の悪い検査キットで、対応したという記事が独り歩きし、韓国政府の感染数の隠蔽記事は後回しである。物事そううまく循環するはずもない。ましてウイルス感染である。クレーム同様に元を止めない限り、暫定処置では追いつけない。今の韓国ほど怖い国は無い。日本は絶対に韓国からの入国を完全に止める事である。

関連記事

[ 2020年04月07日 09:37 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp