韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  ここにきて「新型コロナ」の日本人感染者が爆発的に増えているワケ 突然変異を繰り返し拡大

ここにきて「新型コロナ」の日本人感染者が爆発的に増えているワケ 突然変異を繰り返し拡大

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が止まらない。中国国内で広がっている間は、インフルエンザよりも感染率が低いとか、感染してもほとんどが軽症ですむなどと、どちらかといえば楽観的に受け止められていたのに、ヨーロッパに飛び火したウイルスは爆発的に広がり、さらに日本でも3月24日ごろから状況が変わってきた。

明らかに感染者の増加曲線が変化していて、このままでは感染者数が万単位になるだろうといわれている。それにしても、なぜ24日ごろから感染者数が増え始めたのか。2009年にメキシコで豚インフルエンザが大流行してパンデミックになったことがあったが、当時、私はこの感染地帯のど真ん中にいた。もちろん取材だが、そのときの状況は措くとして、今も覚えているのは、現場の医師から「ウイルスの毒性が強くなっている」と聞いたことだ。

当時は感染が広がってまだ2ヵ月しか経っていないのにウイルスが変異していることに驚いたが、新型コロナウイルスはもう4ヵ月を過ぎている。当然、変異を起こして毒性が強くなっていても不思議ではない。

かつてインフルエンザウイルスを研究していた前田浩熊本大学名誉教授にうかがうと、ウイルスはミューテーション(突然変異)を起こしやすく、毒性が変わるのは当然なのだという。

スポンサードリンク
「コロナウイルスというのは1本鎖RNAなんです。ヒトのようにDNAが二重螺旋だと、片方のDNAが傷ついたり突然変異を起こしても、修復酵素が働くし、片方がマッチングして修正します。でも1本鎖RNAにはそれがないから、ミューテーションが非常に起きやすいのです」 ちなみに、インフルエンザウイルスに感染すると、宿主である人間はなぜ死ぬのか。実はウイルスそのものではなく、感染によって体内に発生する膨大な活性酸素が原因であることを、30年ほど前に発見したのが前田名誉教授だった。
https://news.livedoor.com/article/detail/18081618/

2020-04-06-k003.jpg
新型コロナウイルスの感染拡大の様子を動画でみる
https://nextstrain.org/ncov?animate=2019-12-09,2020-04-02,0,0,30000


進化する病原体集団のリアルタイムのスナップショットを提供し、ウイルス学者、疫学者、公衆衛生担当者および市民科学者にインタラクティブなデータ視覚化を提供することを目的としているサイトはこちら https://nextstrain.org/

武漢で発見された新型コロナウイルスは、さかんにミューテーションを繰り返しながら、世界中に拡散していく様子がうかがえるとしている。ウイルスが拡散するには複製する必要があるが、その際にランダムにコピーミス(突然変異)を頻繁に起こす。おそらく、より生存力が強くなったウイルス株が生き残っていくのだろう。つまり、武漢のウイルスは、東南アジアからオーストラリアに広がる一方で、同時期に突然変異して感染力が強くなったウイルスがヨーロッパで広がり始めたといえる。

もしこれが事実ならば何とも厄介だ。次第に感染力が強くなり致死率が高くなるウイルスでは、ウイルス爆弾を食らったようなものである。イタリアやスペインでウイルスが猛威をふるっているのは、武漢のウイルスが突然変異してより強毒になったせいではないかとも言われている。特にアメリカは、初期に中国からウイルスが広がったが、それとは別ルートで、ヨーロッパで感染拡大していたウイルスが、さらに突然変異を起こしてアメリカに伝染したという可能性を報じている

何が事実かは別としても感染数が増しているのは事実。日本政府の対応遅れは問題だが、気を付ける時期が遅くなったとはいえ、対応せざる負えない。新型コロナウイルス感染を動画で見るにはこちら https://nextstrain.org/ncov?animate=2019-12-09,2020-04-02,0,0,30000

関連記事

[ 2020年04月07日 10:05 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp