韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓米スワップのドル供給、応札は設定額以下…その意味は?

韓米スワップのドル供給、応札は設定額以下…その意味は?

韓国銀行(韓銀)が2度にわたり韓米スワップのドルを供給したが、応札額は設定額の64.1%にとどまり、市中のドル需要は予想以上に少ないことが分かった。

韓銀は7日、韓米スワップの資金を活用して85億ドルの第2次外貨貸出競争入札を進めたが、51.9%に相当する44億1500万ドルの応札しかなく、全額が落札された。3月31日に行われた第1次入札でも120億ドルを設定していたが、72.7%の87億2000万ドルの応札ですべて落札された。

韓銀が市中に供給する計画だった計205億ドルのうち、金融機関は64.1%に相当する131億3500万ドルだけが必要だったということだ。

米連邦準備制度理事会(FRB)が世界にドルの流動性を供給する政策を持続的に展開し、韓国を含む世界証券市場がやや安定したことで、ドルを確保する必要性が弱まったと、専門家らは分析した。
https://japanese.joins.com/JArticle/264609

スポンサードリンク
2020-03-19-k003.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大が米国で深刻化するのに伴い、景気の落ち込みに対する懸念が高まっていることから、FRBは異例のペースで経済対策を公表している。今深刻な米国経済である。債券購入を無制限にまで拡大し、本来安全資産と考えられている米国国債が売られる展開となった。これを抑える必要性に迫られた事が理由にある。

現段階で財政規模を想定するのは困難だ。金融政策として、無限に購入すると宣言した事で必要な額を間接的に吸収するとしたが、無限と言うのも判断が難しい。単純には、必要な債券を購入する姿勢を示したに過ぎない。なのであまり効果的とは言い難い。すでに悪化した米国経済の立て直し不安のほうが大きい。

従って為替スワップで、必要と思われる国ドルを融通し貸し出したが、ドル不足での流動性確保は微妙という事だ。一方日本の円はと言うと、金融緩和で対応してきた結果として、そろそろ限界ではと言う意見もある。なので日本銀行は他の中央銀行に比べて緩和力が劣るとみられている可能性もある。

米国は厳しい状態の中で金利を下げてくるだろうし、金融緩和処置において日本よりも優位と見れば、次第に円高に向かうが、これだけ経済が悪化するとなると、金融緩和合戦となり、現状のまま様子見が継続する可能性のほうが大きい。

関連記事

[ 2020年04月08日 12:01 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp