韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  国際ワクチン研究所長「ワクチン発売に通常5~10年かかるが、新型コロナウイルスは短縮可能」

国際ワクチン研究所長「ワクチン発売に通常5~10年かかるが、新型コロナウイルスは短縮可能」

新しい疾病に対応するワクチンが出るまでは普通5~10年ほどかかるが、新型コロナウイルスワクチンの開発はもう少し早くできるだろうとの見通しが出てきた。このうち新型コロナワクチンの開発を進める中国のある研究所は、12日から2次臨床試験に入ると明らかにした。

香港紙サウスチャイナモーニングポストが11日に伝えたところによると、韓国に本部を置く国際機関、国際ワクチン研究所のジェローム・キム所長は、「ワクチン開発は5年から10年ほどかかる場合が一般的だがすでにパンデミック(世界的大流行)に入り込んだ新型コロナの場合、タイムラインを短縮できるだろう」と話した。 彼はインタビューで、「ワクチンが作られてから最終承認を受けるまでに10億~20億ドルがかかるが、失敗の確率は90%を超える」としてワクチン開発の困難を説明した。だが新型コロナの場合、感染拡大が発表されてから2カ月半で最初の臨床試験が行われたほど速やかにワクチン開発が進んでいるため、もう少し早くワクチンが発売されるかもしれないということだ。

ワクチンの効果と安全性を検証するためには通常3段階の臨床試験を経る。1次で50人未満の人々を対象に安全性をテストした後、2次で数百人を対象に効果と安全性を観察する。3段階はワクチンの効能に対する実際のテストで、最大数万人を対象に試験することになる。

スポンサードリンク
キム所長は、新型コロナの場合「状況が深刻なだけに1・2次臨床試験をともに進めなければならない。効果が極めて良い場合、2次試験が完了する前に3次試験を始めることもできる」とした。しかしワクチン開発のためには新型コロナに一度感染した人が確実な免疫力を持ち再感染されてはならないなどいくつかの条件が満たされなくてならないが、「まだこの質問に対する明確な答えを得られていない」と付け加えた。
https://news.livedoor.com/article/detail/18108654/

2020-04-12-k003.jpg

米製薬大手ファイザーは9日、新型コロナウイルス治療薬の開発を加速すると発表した。既存薬の転用も含め複数の治療薬候補を特定しており、当初想定より3カ月程度前倒しして臨床試験の開始を見込む。並行して独バイオ企業にも出資し、ワクチン開発を共同で推進する。 また世界で、現時点で少なくとも20種類のワクチンが開発段階にあるとしている。ワクチンを一般市場に投入するための競争が激化していることが見込まれるが、専門家は規制機関による試験や基準を満たすには最低でも18カ月はかかるとしている。

治療薬のトレンドは、既存薬の転用と新規開発に大別される。前者には、新型インフルエンザ治療薬のファビピラビル(商品名アビガン)、エボラ出血熱治療薬のレムデシビル、抗マラリア・免疫調整薬のヒドロキシクロロキン(プラケニル)、喘息治療薬シクレソニド(オルベスコ)、抗リウマチ薬のトシリズマブ(アクテムラ)などが有力視されており、既に臨床試験に入ったものもある。後者は、SARS-CoV-2を標的とする抗体医薬や核酸医薬が中心で、国内では武田薬品工業がSARS-CoV-2に対する免疫グロブリン製剤「TAK-888」の開発を始めると発表した。完成すれば、感染予防の薬としての使用も期待できるとのことだ。

関連記事

[ 2020年04月12日 12:11 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp