韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  外国人、3月に韓国株13.5兆ウォン売り越し…歴史に残る規模の「韓国売り」

外国人、3月に韓国株13.5兆ウォン売り越し…歴史に残る規模の「韓国売り」

韓国金融監督院によると、外国人による韓国株の売り越し規模が3月だけで13兆4500億ウォン(約1兆2000億円)に達したことが分かった。2月(3兆2250億ウォン)に続く、2カ月連続の売り越しとなった。新型コロナウイルスの流行が本格化して以降、外国人が歴史に残る規模の「韓国売り」に走った格好だ。 

有価証券市場(KOSPI、メーンボードに相当)で13兆470億ウォン、店頭市場コスダックで4030億ウォンの売り越しだった。地域別では米国の投資家による売り越しが5545億ウォンで最多。以下、英国(1892億ウォン)、ルクセンブルク(1715億ウォン)の順となっている。

外国人が保有する株式は468兆7000億ウォン相当で時価総額全体の32.4%だ。

一方、外国人による韓国の債券売買は3月、7兆3990億ウォンという過去最大の買い越しだった。満期が到来した3兆8180億ウォンを除くと、3兆5810億ウォンの純買い越しとなる。外国人による純買い越しは3カ月連続となる。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/04/13/2020041380010.html

スポンサードリンク
2014-02-05-wa-2.jpg

朝鮮日報は、外国人が保有する株式は468兆7000億ウォン相当で時価総額全体の32.4%と掲載している。2017年6月の外国人が保有している韓国内上場株式の規模が約581兆2000億ウォンで過去最高を更新している。

ウォン売りの問題とその逆に韓国個人投資家のウォン買いがある。問題は、長年の不動産バブルにより、家計債務が増大し、投機目的のため金利も高いことが負担だが、なにより韓国は国内経済成長の一つにこの不動産バブルを利用している。そこにきて自国経済低迷の時期に発生した新型コロナウイルス感染拡大による経済低迷での借金をしてのウォン買いとなる。

民間債務は国債と違って潰し様がない。最後に金融機関の債務となるだけに実に厄介となる。ウォン下落も恐ろしいが、家計負債もこの時期での状態は実に厄介と言える。金融機関が潰れれば民間に貸出ができない。企業の倒産と国民経済の破綻、それによる債務の顕在化。市場と通貨の暴落を呼び、資本引き抜きにとなり、政府資金が尽きてデフォルトとなる。

関連記事

[ 2020年04月13日 10:15 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp