韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国で新型コロナ完治判定後に再び陽性反応116人

韓国で新型コロナ完治判定後に再び陽性反応116人

新型コロナウイルス感染症が完治したと診断されて自己隔離が解除された後、再び陽性反応が出た人が13日の時点で116人に増えた。 韓国疾病管理本部の鄭銀敬(チョン・ギョンウン)本部長は13日の記者会見で、「隔離解除後、再び陽性と確認された事例は現在116人」「ただ、これらの人々による二次感染事例は報告されていない」と述べた。116人のうち83人が大邱・慶尚北道地域に集中している。年齢は20代と50代が多いとのことだ。

世界保健機関(WHO)は今月11日(現地時間)、「韓国の新型コロナウイルス感染者のうち、完治して隔離を解除した後、再び陽性となる事例が発生したことに関し報告書を検討しているところだ」と発表した。疾病管理本部は12日、「退院した人のための指針補完が必要だと判断、専門家の意見をまとめている」と明らかにした。 13日の新型コロナウイルス感染者は前日より25人増えて1万537人という集計が出た。新規感染者数は2月19日の15人増加以降、54日ぶりの少なさだった。

新規感染者25人のうち、64%に当たる16人が海外から来た人だった。特に、海外から来た人のうち米州地域から来た事例が12人で、残りは欧州(3人)、その他の国(1人)からの事例だった。海外から来た新型コロナウイルス感染者は同日までで計929人に増えた。鄭銀敬本部長は「最近2週間の(新規感染者の)約76%は自己隔離中に感染確定診断を受けたものだ」と述べた。

スポンサードリンク
今月1日からすべての海外からの入国者に対して2週間の自己隔離が義務付けられ、自己隔離されている入国者のうち、感染が確定するケースが増えたものによるものと解釈される。12日午後6時時点の韓国の自己隔離者は5万8037人だ。このうち、海外からの入国に伴う隔離者は5万2435人(90.3%)に達した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/04/14/2020041480007.html

2020-03-24-k003.jpg

韓国では新規感染者数が2ケタまで減少し完治者比率が70%を越えている状況で、再陽性者の急増が防疫当局を一層緊張させている。完治と言うのはどういうレベルなのか。隔離解除後、日常に復帰した彼ら自身も知らない間に、再陽性者となる厄介な状態が加速する傾向である。新型ウイルスのため、再陽性が発生する原因は明らかになっていないとしている。ただ、防疫当局と専門家は新しいウイルスへの再感染ではなく、感染したウイルスの再活性化が原因と推定している様だ。

そういう意味では完治と言う言葉自体に問題があるようにも感じる。これは日本でも発生している。韓国同様に体内に残ったウイルスが再活性化するという意味では日本の専門家も同じ判断の様だ。感染し完治すれば抗体ができるという事らしいが、完治後また二週間も様子を見るのでは、二週間隔離すれば完治なのか。また再陽性となることもありうるのかで大きく様相が変わる気もする。

むしろこちらの方がこのウイルス感染の恐ろしさを物語る。つまり長引く可能性が高いという事になるわけで、完治と追う言葉だけで安心はできない。さらに完治者が再び感染拡大の原因となる可能性もあるだけに注意が必要だ。

関連記事

[ 2020年04月14日 11:52 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp