韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  今年の韓国の成長率-1.2%…IMFも逆成長見通し

今年の韓国の成長率-1.2%…IMFも逆成長見通し

国際通貨基金(IMF)が14日(現地時間)、今年の韓国の成長率を-1.2%と見通した。世界経済に対しては「1930年代の大恐慌以降、最悪の景気低迷を記録するだろう」としながら-3%の逆成長になると展望した。新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の衝撃で、韓国をはじめとする世界経済が急激に後退するだろうとの予想だ。

IMFは昨年10月と今年1月、今年の韓国の成長率見通しを2.2%としていた。3カ月でこの従来の見通しから3.4%ポイントも下方修正した。IMFは「韓国の高い対外開放度を勘案すると、主要貿易国の急激な成長見通し下方(修正)に伴う対外需要の不振が成長を制約するだろう」と明らかにした。あわせて韓国の主要貿易国成長率も相次いで低くした。米国の今年の成長率は-5.9%(7.9%ポイント下方)、中国は従来の6%から1.2%に4.8%ポイント低くした。

通貨危機当時の1998年(-5.1%)以降、22年ぶりに逆成長の可能性が大きくなり、韓国政府の危機感も高まっている。文在寅(ムン・ジェイン)大統領はこの日の国務会議で、新型コロナに伴う経済への衝撃について「経済的に本格的な危機が始まる段階」と話した。
https://japanese.joins.com/JArticle/264864

スポンサードリンク
2020-04-15-k002.jpg

グラフ見てわかる通り、ウイルス感染が無くても、限りなくゼロに近い状態なのが韓国経済成長率となる。大手企業特に造船産業などの倒産寸前企業に公的資金を投入し、船舶価格を下げて受注し雇用を維持している。一方で世界の造船産業はこの影響で、船舶価格の低下により、世界造船産業は低迷している。日本は韓国政府の公的資金投入による船舶価格の低下により、直撃弾を受けた形だ。

なので、税金投入で作り上げた経済であるから、限界を超えている。税金は無限ではない。国家予算の半分が税収となるが、半分は外責となる。貧弱な銀行に国債は外国人比率が高く、日本のような国債対応はできない。従って家計負債同様、ODAすら実施できない金のない韓国であるから、ODAを含めた技術伝授戦略には弱いため対応するすべがない。国家予算を半分にしない限り国家破綻となる。

関連記事

[ 2020年04月15日 10:01 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp