韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  トランプ氏激怒!WHOに鉄槌! 中国べったりのテドロス氏にブチ切れ拠出金停止 中国は挑発…米中対立激化か

トランプ氏激怒!WHOに鉄槌! 中国べったりのテドロス氏にブチ切れ拠出金停止 中国は挑発…米中対立激化か

ドナルド・トランプ米大統領が、「中国ベッタリ」とされるテドロス・アダノム事務局長率いる世界保健機関(WHO)にブチ切れた。中国発の新型コロナウイルスをめぐる対応に失敗したとして、WHOへの拠出金を停止するよう指示したのだ。中国の軍事的挑発も重なり、トランプ氏の「WHO批判」「中国批判」は日に日に激しくなっている。米中対立はさらに激化しそうだ。

「WHOが、中国の不透明性を指摘していれば感染拡大を封じ込め、死者も少なく抑え込むことができた」 トランプ氏は14日の記者会見で、こう言って、拠出金停止を明言した。WHOが、新型コロナウイルスの初動対応に失敗し、隠蔽疑惑も指摘される中国に近い立場を取り続けることに、堪忍袋の緒が切れたようだ。 米メディアによると、米国はWHOへの最大の資金拠出国で、2017年はWHOの年間予算の約4分の1に相当する約5億ドル(約544億円)を拠出している。

米ジョンズ・ホプキンズ大学の集計によると、新型コロナウイルスによる死者は14日、世界全体で12万人を超えた。感染者は200万人に迫っている。中でも、米国は世界最多の死者数2万3000人超と、甚大な被害を受けている。 トランプ氏は7日の記者会見でも、WHOによる新型コロナウイルスへの対応について、「非常に中国寄りだ」「WHOはいつも間違ってきた」などと痛烈に批判していた。

  スポンサードリンク
怒りは中国にも向いている。中国外務省の報道官がツイッターで、《米軍が感染症を武漢市に持ち込んだのかもしれない》と投稿するなど、露骨な情報操作・責任回避の動きを見せたためだ。トランプ氏は、新型コロナウイルスを「中国ウイルス」と呼び続け、マイク・ポンペオ米国務長官は先月末、テレビ電話会議形式で行われた主要7カ国(G7)外相会談で、「中国が、国際的にディスインフォメーション(偽情報)を流す工作をしている」「中国は、G7諸国の保健と生活様式に対する重大な脅威だ」と批判した。
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/200415/for2004150004-n1.html

2020-04-14-k003.jpg

トランプに怒っている余裕は無いはず。米国の新型コロナウイルス感染は単純ではない。完治したといっても再発する確率も高い。第二弾が大都市を襲うはず。またテドロス・アダノム事務局長率いる世界保健機関(WHO)は機能してしない。日本の分担金も止めるべき。韓国政府は政治利用しているわけで、悪事の働く韓国に操られるWHOはすでに韓国同様死に体である。こういう部分に中国は裏から金で支援しているわけで、中国は今回の一番のウイルス拡散の犯人であるから、世界は中国習近平に対する対応は許すべきではない。

今回を事例にWHOは解体で良い。同じように世界遺産も同様。結局戦勝国で固められた世界のシステムはすべてが限界点にきているわけで、米国を含めた戦勝国の金で形成する組織はもういらない。日本は米国の次に分担金を支払っても今だ敗戦の重みを背負っているわけで、これでは世界一致団結した公平な形にはならない。

関連記事

[ 2020年04月15日 12:13 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp