韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  コロナに重大な突然変異発見…ワクチン開発が無駄になる可能性

コロナに重大な突然変異発見…ワクチン開発が無駄になる可能性

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)に重大な突然変異が確認されるなど、新型コロナウイルスの多様な変異能力のせいでワクチン開発に困難が予想されている。

香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)は、台湾の国立彰化師範大学とオーストラリアのマードック大学の共同研究チームが最近インドから検出した新型コロナウイルスが変異を起こした事実を確認した。研究チームによると、突然変異はウイルス表面に突起状の「スパイクタンパク質」受容体結合ドメイン(RBD)で確認された。RBDからウイルス変異が確認されたのは初めてというのが研究チーム説明だ。

問題は、現在ワクチン開発がスパイクタンパク質の無力化に焦点をあわせているが、スパイクタンパク質で変異が発生してワクチン開発に赤信号が灯った。研究チームは「新型コロナのワクチン開発を無駄にしかねない重大な変異が見つかったのは初めて」としながら「現在のワクチン開発が無駄になる危険が高いことを意味する」と明らかにしたとSCMPは伝えた。新型コロナの多様な変異能力のせいでワクチンを開発しても突然変異ウイルスには効果がない可能性があるという意味だ。この研究は論文事前公開サイト「バイオアーカイブ」(biorxiv.org)に公開された。

スポンサードリンク
新型コロナを含めたウイルスは1本のリボ核酸(RNA)で構成されていて突然変異が起きやすい。2本の核酸で構成されたDNAより安定性が低いためだ。
https://japanese.joins.com/JArticle/264871

南方医科大学の研究によると、新型コロナウイルス、RaTG13、 CoVZC45、CoVZXC21の4種類のコロナウイルスのE蛋白の類似性は100%に達しており、新型コロナウイルスとSARSコロナウイルスのE蛋白にはアミノ酸4つ分の違いしかないとしている。ウイルスが流行の過程において外界の圧力に対抗する適応力を生み出すかどうかは、ウイルスの感染力に影響を与える重要な要素となっている。さらに全ゲノムのデータ選択進化圧力分析を実施した。

結果、新型コロナウイルスが「浄化選択」(訳注:突然変異を排除するために進化を止める自然選択)を行い、ある部位では突然変異した対立遺伝子が種の生存に対し有害なため、自然進化の過程において淘汰されていることが判明したという。「現在新型コロナウイルスの3万以上の塩基中、突然変異が確認されたのは5つの塩基にとどまり、3万という数字から考えればごく一部を占めるのみである」とし、「ウイルスサンプル間の全長遺伝子配列はほぼ完全に同じで、新型コロナウイルスはまだ明らかな変異を起こしていない」と発表している。

さらに中国で、ネズミが媒介する「漢坦(漢他)病毒(ハンタウイルス)」が男性2名から検出され、うち1人は、発症後わずか3時間で死亡したという。パンデミックとなった新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が収束の兆しを見せないなか、さらなる“中国発ウイルス感染”はあるのか。厚生労働省や国立感染症研究所(NIID)によると。ペストのようにネズミなどの齧歯(げっし)類が宿主となる急性呼吸器感染症を引き起こすウイルスで、主にアジアや欧州に分布するものは腎症候性出血熱(HFRS、死亡率1~10%)を、主に北南米に分布するものはハンタウイルス肺症候群(HPS、同40~50%)の感染症を引き起こすとの事。

動物由来感染症に詳しい有川二郎・北海道大学医学研究院特任教授の研究によれば、1940年代、日本陸軍の満州(現・中国東北部)駐留部隊が感染者数1万人、死者数2000~3000人の奇病に苦しんだ。陸軍省は1942年2月、奇病をセスジネズミ媒介性病原体による「流行性出血熱」と命名した。これがハンタウイルス感染症がアジアで大流行した最初例だという。日本では1960~70年に大阪市の梅田地区でドブネズミを媒介し119人が、70~80年に全国の動物実験22施設で実験用ネズミを媒介し126人がハンタウイルスに感染している。

ハンタウイルスは、新型コロナウイルスと初期症状は似通っているため見分けがつきにくいのがネックだが、齧歯類の尿、糞、唾液に触れることによってのみヒトに感染するので、新型コロナウイルスなどのように飛沫・空気感染して大流行するようなことはあり得ないというが…。また中国の厄介なウイルスである。 韓国でも確認されているらしい。

関連記事

[ 2020年04月15日 15:57 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp